Pocket
LINEで送る

【ユ・ルイくん(恐竜)】
「リストを集める方法なんだけど、YouTubeも結構使えそう!」
【かわいさん(恐竜)】
「今までリスト取得方法と言えば、ブログやランディングページ、Facebook、Twitterがメインだったものね」

動画解説はこちら!動画が入れない方は、動画下の記事から終了画面設置の方法をご覧ください!

今までのYouTube動画が抱えていた悩み

YouTubeからメルマガ登録を促したり、ブログに誘導する時に、詳細欄に記入するしか無かった。

しかし、

  • わざわざクリックするという手間がかかる
  • 動画を見に来ているので、説明欄の存在に気付かない
  • スマホでの視聴だと、タイトルをタップしないと詳細が見れない
  • 別の動画を見せにくい

などの問題がありました。

YouTube詳細欄

 

YouTubeに終了画面を設置するメリット

YouTubeの動画の最後にボタンが出てくるようになります。

そうすると、

  • 画面内でチャンネル登録を促せる
  • 別の動画に興味付けできる
  • ランディングページなどのメルマガ登録サイトに飛ばせる
  • 詳細部分をクリックしてもらわなくても、存在をアピールできる
  • スマホ画面での視聴者にも、メルマガの存在をアピールできる
  • 全部の動画に簡単に設置できる

というわけです。

YouTuberでもこの終了画面を取り入れている人が多くなってきています。チャンネル登録や、別動画に誘導するためです。

Web集客の一環としてYouTubeを行っているのでしたら、いづれはYouTubeの動画からメールマガジンのリスト取りとして活用したいですよね。

YouTube集客を行うならやらない手はないです。

終了画面設置の方法

外部サイトの登録

外部サイト(ブログやランディングページ)に飛ばすことが目的の場合がこの工程が必要になります。

まず、YouTubeアカウントで外部サイトのURLを登録しておきます。

外部サイトのURLを入力

はてなブログ、アメブロ、Jimdo、Wix、ペライチなどの無料系Webサイトは追加できませんでした

リンク設置

これから実際に画面上にいろんなリンクボタンが表示されるようにします。

まずはクリエイターツールから終了画面を登録したい動画を再生します。

 

すると、動画の下の部分に6つのボタンがあります。

左から3番目の「終了画面とアノテーション」をクリックします。

画面に表示させてたいボタンリンクの要素をくみこんでいきます。

「テンプレートを使用」か「要素を追加」をクリックしてください。

 

「テンプレートを追加」をクリックした場合は、⇓の図のように正方形のパーツがあるテンプレートをクリックしましょう。

テンプレートを選んだら、下部の選択ボタンをクリックします。

 

画面右側の鉛筆マークをクリックして、詳細設定を行っていきます。

「リンク URL を入力してください」から事前に登録しておいたURLを選択します。

何か適当に文言を入れてみてください。視聴者がカーソルを合わせた時に表示される文言です。

表示時間設定

最大20秒、最短5秒間のリンク表示になります。僕は3つのリンクに動きをつけるために、表示される時間を少し変えています。この方が、視線が動くので、注目を集めやすいです。

[aside type=”warning”] 動画の最後に設置されるので、映像の邪魔にならないように配置しよう!せっかくの動画コンテンツが見えなくなってしまっては台無しになってしまいます。終了画面を設置する動画には、終了画面表示時間分の空白タイムが必要になってくるでしょう[/aside]

まとめ

YouTubeは、活字が苦手という人が頼りにしている媒体です。

文章で情報を仕入れるよりも、映像や音で情報を仕入れることが得意な人がたくさんいます。そんな人に、詳細欄の文字を読ませるのは可愛そうですよね。

動画内で直感的にメルマガ登録できるように、お客様心理に基づいたメールマガジンのリスト取りを行ってみてください。

文章より動画のほうが人柄が伝わりますし、実際に遭った時に有名人風な人間として振る舞えます(笑)

是非これからYouTubeを活用していきたいですね!

動画でもっと分かりやすく説明しています!

PCを画面での解説動画を見る

Pocket
LINEで送る