これまで多くの方からいいね!を頂いております。
【ユ・ルイくん(恐竜)】
「最近、コンテンツマーケティングって言葉をよく聞くけど、どんなふうに集客するの?」
【かわいさん(恐竜)】
「まさに私達が住んでるこのサイトこそ、コンテンツマーケティングの一環を担っているのよ」
【ユ・ルイくん(恐竜)】
「意外とちゃんとマーケティングとして役立ってるんだね!ただふざけているだけの僕達でも少しは役に立ってるってことでいいんだよね!?」
【かわいさん(恐竜)】
「そうかもしれないわね。あなたのボケ~っとした顔を見たい人がほんのわずかだけめちゃくちゃちょ~っぴりいるのかもしれないわね。ほとんど私のファンよ。」
【ユ・ルイくん(恐竜)】
「どんだけ自分の手柄にしたいんだよ!ちなみに僕もかわいさんのファンの一人さ。」

コンテンツマーケティングって?

集客する上で、しっかり頭に刻んで欲しい考え方があります。

 

人間は宣伝・売り込みがだいっっっっきらい!!

 

 

もう一度言います。

 

人間は宣伝・売り込みがだいっっっっきらい!!

 

本当に大事なことなので2回お伝えしました。

ブログは本来単なる日記でした。Twitterは本来単なる日常のどうでもいいことをつぶやく場所でした。ブログやSNSをビジネスの集客手段として活用し始めた近年では、集客の手段としてのメディアという位置づけになっています。

見込み客の人は宣伝ありきで情報を得ていますので、警戒心が強くなってきているんです。ブログやSNSを見ていると、宣伝をモチベーションに投稿を行っている人がいます。

宣伝投稿が悪いとは言いませんが、毎回のように宣伝投稿をしているとファンが育ちにくい媒体になってしまいます。

 

そこで登場したのが、売り込み臭さを極限まで削ぎ落としたコンテンツマーケティングという手法です。ビジネス臭さ・売り込み臭さを消して、事業で提供しているサービスに興味がありそうな人だけを囲い込むことを目的としています。

“読者が知りたい情報”を提供するサイトで集客する仕組みのことをコンテンツマーケティングと言います。

コンテンツマーケティングで成功しているメディアの例

毎日のように更新するためのモチベーションを上げるためにコンテンツマーケティング成功事例をご覧ください。

土屋鞄製造所

土屋鞄製作所

オンラインショップを運営したい場合はとても参考になりますね。ブログ記事で商品の魅力を伝えてたまにさり気なく購入ボタンに誘導しています。

何と言っても写真がオシャレ!販売物とコンテンツの統一感が美しいですね!

最終的に販売したい商品がおしゃれな鞄ですが、鞄の宣伝投稿以外にターゲットが好きそうなコンテンツを多数揃えています。

経営ハッカー

経営ハッカー

僕が利用している会計ソフトはこちらのサイトで宣伝しています。中小企業経営者が知りたい情報をピンポイントで公開しています。また、提供サービスや料金に関する部分がわからないように設計されています。

ブログからの導線は無料会計ソフトの無料お試しだけです。集客導線を一点集中させ、顧客化していく仕組みがしっかり完成されているサイトですよね!

Zigen

Zigen

健康美容に関する情報が集まるサイトです。

こちらのサイトは他のサイトと違い、アドセンス(アフィリエイト)収益によって成り立っているサイトのようです。販売やメールアドレスの取得を目的としていないサイトです。

 

成果を上げているコンテンツを見ていかがでしたか?

クオリティも文字数も高いですよね!

そして、1記事1記事が重いですよね(笑)

 

僕は成功しているサイトを見た瞬間に、「ブログ集客を舐めていた」と気付かされました(笑)ちょろっと日記のようにブログを更新していては中々成果が出ないということですね!

1記事に対する文字数と質の高さがブログ集客ではとっても大事なことなんです。

検索上位に表示されるには、読者が長い時間滞在しているかどうかが大きな要素になっています。つまらないコンテンツの場合はすぐに「戻る」ボタンをクリックしてしまいますよね。

つまらない記事を検索上位表示させてしまっては、Googleのユーザー減少を招いてしまいます。質の悪いつまらない記事の集まりブログが検索上位表示されることは困難を極めます。また、リスト取りや売上管理をするためには、読者ユーザーにおける成約率を明らかにしなければなりません。

コンテンツマーケティングのメリットとデメリット

メリット

  • SNS拡散し易い
  • 1つの事業ごとにやる必要がない
  • 売りたいサービスの他に、アフィリエイトサイトとしても活用できる
  • ビジネス宣伝臭を消せる
  • いつの間にかファンができている状態になる
  • リスト取りし易い
  • アクセスを集めやすい
  • 売上が安定しやすい
  • 資産価値が生まれる

特に面白いのがメディアに資産価値が生まれるということです。資産価値が生まれるということは、売買されているということ。近年のインターネットメディア売買の取引を見てみましょう。

キュレーションサイトとは、ネットに落ちている情報をまとめたサイトのことを言います。単なるメディアが巨額の事業としてみなされているんです。まさにM&Aです。

人を集める媒体は、それだけで価値があります。サイトを使わなくなったらアフィリエイト広告を設置したり、売っちゃったりしても良いかもしれませんね!

webサイト売買屋さん10選!M&Aの相場を把握しよう!

ただし、無料ブログの売買は禁止されています。

デメリット

  • メディアが育つまで時間がかかる
  • 記事更新に多大な労力が必要になる
  • マーケティングが必須
  • 売上につながるまで時間がかかる

始めは怒涛のコンテンツ更新が必要なので、多くのコンテンツメディアが数名のライターを採用しています。

また、ただ更新するだけではなく、アクセス解析による改善が必須になってきます。超能力者じゃない限り、読者の反応(アクセス解析)を見ずにアクセスを集めるブログを作れるはずがありません。

まとめ

質が高くて、情報量が多くて、ユーザーのためになるサイトをつくれば集客できないはずがないんです。

集客できないのは、Googleアルゴリズムが崩壊したときくらいです。

ブログコンテンツ更新の大きな問題は、続けることができないということ。

続けるだけで競争には勝てるんです。続けるだけでライバルは大幅に減ります。そして、インターネット集客において、ブログコンテンツほど確実性のある集客方法はありません。

だから血眼になって大手企業がメディアを買収するんです。

大事なのは、

  • 続ける
  • マーケティングする

この2つだけなんです。

「この2つの能力に自身が無い!」「他のことに注力したい!」という場合は、

半年後の成果を見据えて今すぐコンテンツブログを育ててもらいましょう。

コンテンツ更新を完全にプロに任せる

上記サービスは、只今ものすごい勢いで注目されています。

現在HP制作会社の方々から「一緒に組みたい」と多数の声を頂いております。

おそらく、HPを作っただけではどうしても集客に関する成果が出ず、困っているのかと思います。

どんなにコンセプトを練ったHPでも、質の高いコンテンツをある程度更新し続けないと売上につながるはずがありません。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!

これまで多くの方からいいね!を頂いております。