「今日から君はWEB担当者だ」-。WEBサイトを管理する専門部署があり、複数人体制で運用している大企業ならいざ知らず、中小企業では前任者からの引継ぎもなく、ある日突然WEB担当に任命されるなんてことも十分にありえます

「web担当者」の役目は会社によってさまざまです。会社をPRするために重要なWEBサイトを作ったり、広報活動を行なったりと、創作的で華やかな仕事をしている人がいる一方で、実際には決められたフォーマットの範囲で地道な更新作業のみを依頼されるケースも。淡々と仕事をこなしていると、いつしかた都合のいい何でも屋になっているなんてこともしばしば。

インターネットを見ればネットサーフィンと揶揄され、新規提案をすれば費用がないと相手にされず…。いくら一生懸命仕事をしていても、そう見えないのがWEB担当者の宿命ともいえます。

そこで今回は、経営者には伝わらない、中小企業のWEB担当者が抱える悩みあるあるを私の体験談も踏まえながら一挙に公開します。

これだからWEB担当はつらい…

自社のホームページを中心としてWEBサイトの運用管理を任されているWEB担当者。その仕事の幅は会社によって異なりますが、人員の確保が難しい中小企業では、他の業務と兼務だったり、1人で管理しなければいけなかったりで、同じような悩みを抱えていることも。

中小企業WEB担当者は、こんな悩みを抱えて日々戦っているのです。

情報収集は仕事?

WEB担当者に任命された以上、自社のWEBサイトの管理をしなければいけません。そのためにまずは自社のWEBサイトの内容を隅々まで確認することは必要です。

さらには業績を伸ばしている同業他社のサイトと比較したり、閲覧数が高いWEBサイトの手法を勉強したりと、インターネットの閲覧による情報収集は欠かせない仕事のひとつです。WEB担当としてよりよいWEBサイトを作っていこうと、前向きな姿勢で取り組んでいても、情報収集という直接的な成果の見えづらい業務内容は、何日も繰り返しづらいものです。成果が見えてこないと、自分自身でも仕事なのかどうか疑問に思う日がやってくることでしょう。

またネットサーフィン?

情報収集に明け暮れていると、その後ろ姿を見た経営者や他部門の社員のあいだでは「あいつ、またネットサーフィン?」「いつもヤフトピ(Yahoo!Japanのトピックス)見てない?」なんて噂が飛び交うことも。

ネットによる情報収集は、仕事をさぼる人の常習手口のひとつでもあるので、本気かどうかがうまく伝わりません。ネットサーフィンと言われればネットサーフィンなのですが、遊びではないことを伝えるだけの術を身に付ける必要が出てきます。

成果が伝わりづらい

売上金額などの目安がある営業や企画部門とは異なり、仕事量も仕事の成果も見えづらいのがWEB担当者のつらいところ。成果を数字で示すためにできることと言えば、サイトの訪問者を増やすかインターネットからの売上を伸ばすこと。そのためにインターネット広告などの提案をしてみると、「すぐにお金をかけることを考えるな」と相手にされず…。

お金をかけずにできるSEO対策などは、即効性がなく効果が見えづらいので、地道な努力を重ねても成果とみなしてもらうまでは長い道のりです。

費用を割いてもらえない

経営がうるおっている会社ならいざ知らず、まだまだ途上中の会社では広告費に割ける予算は限られています。成果がみえづらいインターネット広告にはなかなか費用を割いてもらえません。リスティング広告であれば、少額からでも運用をスタートすることができますが、少額での出稿では目に見えるほどの効果を見込むことはできません。

費用対効果が分かりづらいので、経営者を納得させるためには強力な説得材料が必要です。

結果、何をしてるか分からない

企画を立てても費用がかかるものは通らないので、費用がかからないものを模索しているうちに、あきらめの境地に達して、結局はSEO対策に取り組むしかないところに行きつきます。地道にSEO対策の勉強をして、お金をかけずにできる対策をひとつひとつ対応していくことになりますが、作業が地味なうえに、効果がみえるまでには想像以上の時間を要します。さらにはせっかく対策をしても、効果がでない可能性も。

結果、どんなにがんばっていても、その努力は経営者はおろか、同僚にも伝わらないのです。

結局ヒマなんでしょ?

何をしているかが分からないということは、何もしていないのと同意義に捉えられます。仕事内容が見えないので、「忙しいふりしてるけど、結局ヒマなんでしょ?」と結論付けられ、WEB担当者とは関係ない仕事を頼まれるようになります。

「考える」仕事って実は重要なのですが、実務が進むわけではないので、人によっては「無駄な時間」と定義されてしまいます。ヒマではないけど、何をやっているかうまく伝えられないジレンマに悩まされます。

頼めばやってくれる

アイデア勝負なところもあるので、締切に迫られる業務は多くありません。そのため、WEBに関係ない仕事でも頼まれれば対応することができます。アイデア出しに見詰まっているときには他の仕事をすることで気分転換になり、本業がはかどることも。

気分転換のつもりで頼まれた業務をやっていると、噂が噂を呼び、「あいつに頼めばやってくれるよ!」と、関係ない仕事がどんどん舞い込むようになってしまいます。仕事ができる人ほど、この状態に陥りやすいので注意が必要です。

PCに強いと思われる

人員不足によってWEB担当に任命されただけだとしても、WEB関連の業務ができるのであればPCに強いであろうという誤解をされがちです。システム部門でもないのに、LANケーブルの調子が悪い、ネットワークの設定を変更したいなど、PCに関連する業務が発生するたびに声がかかるようになります。

ここまでくると、PCに強くてヒマな人材というイメージが定着しつつあります。もはやWEB担当という肩書はどこへやら…。

気が付けばなんでも屋

気付けば、PC関連を中心にあらゆる分野の業務を頼まれる何でも屋になっていることも少なくありません。みんなに頼まれるから業務を遂行しているだけなのに、経営者からは本業をおろそかにしているという叱咤を受ける始末。本当はWEB担当の任務を遂行したいのに、その気持ちはなかなか経営者のもとには届かないものです。

さて今回は、中小企業のWEB担当者のつらい本音についてお伝えしましたがいかがでしたか?

自分の仕事の成果を理解してもらうのは難しいことです。必要なのは、ネットサーフィンと揶揄されることを受け止める覚悟を決めること。何をやっているか分からないとは言わせないためも、「何やってるの?」と聞かれたら、明確なビジョンを応えられるよう準備をしておきましょう。

分からないこと、イメージが湧かないものについてはPCと向き合ってばかりではなく、他部署の同僚に相談してみるのもおすすめです。やろうとしていることが伝わっていれば、批判的な目で見る人は減ってきます。直接話を聞いてくれるタイプの経営者の場合には、ざっくばらんに相談を持ち掛けるのもひとつの手段です。

理解者を増やして、やりたいことを実現できる環境を作っていきたいところです。

web担当者により働きがいを持ってもらうためには以外にも会社に貢献できる証が欲しい場合があります。会社の売上に貢献しているという自覚がないまま、本来自分ではなくてもできる仕事ばかりに対応していると会社での存在意義を見失ってしまうのです。

web系=雑用ではなく、人員を増やし営業(集客目的)のweb担当者になってもらうとやりがいを感じることができるかもしれませんね。

社内にwebマーケティング業務ができる人材を育てたい場合は下記よりご連絡ください。

お問い合わせ