Webだけで集客しようとすると自分の首を締めることになるお話

  • Web集客ってなんだか人の温かみを感じられない集客方法だと思っている
  • ハイテクな感じがどうも受け付けない
  • SNSやブログやってみたけど全然効果が出なかった
  • Web”だけ”でどれだけ集客できるか考えてると、現在のリアルのつながりで事足りる
  • 直接紹介してもらったり、営業マンを増やせば売上が増えるからWeb集客する必要がない

これらの原因はインターネットとアナログを別物扱いにしているところにあります。

僕はWeb集客の専門家ですが、これからもずっと変わらずインターネットが今と同じように使われるとは思っていません。

今後、僕が使い続けるかどうかも分かりません。

クライアントさんに対して

「インターネットなんて使わなくてOKです!」

と伝えることもあるかもしれません。

 

Web集客したからと言って、効果的かどうかなんてわからないんです。

 

インターネットを使う前にまずマーケティングして!

ターゲットが誰かによって集客のアプローチは異なります。

70代消費者ターゲット(誰もインターネットで情報収集をしない)に対し、膝の負担を軽減する靴を販売するとしましょう。高齢者向けのビジネスなのに、インターネットの整備にお金を使ったところで全く意味がありません。

「”一応”ホームページ作ろう!」

という考えも必要ありません。

HPを10円で作れたとしても無駄金です。

 

ところが、購入決定権を持つ70代消費者ターゲットのご子息にターゲットを変更するとどうでしょう。

30~40代の日本人は8割以上がスマートフォンを保有しています。

ご子息の方がプレゼントとして膝に負担がかからない靴を購入するように集客アプローチを変更すれば、インターネットは有効活用できるでしょう。

 

商品うんぬんよりも、誰に絞って集客アプローチをするかによってインターネットの必要性が大きく変わってしまうのです。

ちなみに、戦略的にWebを整備していない企業もたくさんあります。某隠れ家的旅館(山奥にあります)は客単価がものすごく高いのにもかかわらず、予約が1年以上埋まっているそうです。

 

そして、認知から購入までの段階において、お客様にどのようなストーリー(商品コンセプト)を味わってもらうかによってもインターネットの必要性が変わってくるのです。

見込み客の段階によって集客のアプローチは違うので気をつけてくださいね!

6段階の見込み客レベルを知って、適切な集客アプローチ行おう!

2017.08.13

 

これからのお話は、アプローチするターゲットと商品コンセプトが明確になっている前提でお話を進めていきます。

 

アナログ集客もインターネット集客も相手は人間

 

「人と会わずに売上を立てたい」とか

「インターネットだけで売上を立てたい」とか

自分勝手なこだわりをたくさん耳にします。

 

インターネット媒体の整備をご自身で行う時は、どうしても“パソコンに向かって”行う作業が多くなってきます。

しかし、僕はパソコンに向かってこの記事を書くようなことは絶対にしません。

もう一度お伝えします。

パソコンに向かってインターネット媒体の整備を行うことは絶対にしません!

 

この記事を書いている時は、読者に向かって記事を書いています。

「ここまで読んでくれてる時はどんなキモチなんだろう」

「この文書のままだと離脱が増えるかも知れないから書き直さなきゃ」

「もっと分かりやすい表現はないかな~」

「エンディング部分を引き立てるための文章構成はどうしようかな~」

「検索表示されてるけどクリック数少ないな。タイトルつまらなかったか」

 

ブログ記事だけでもたくさんのことを考えています。

集客の全体的アプローチを考慮するともっとマクロな世界で集客アプローチを考えないといけません。

でも、読者のことを考えることって当たり前じゃないですか?

 

いくらインターネットを使って集客を行ったとしても、読む人は人間です。信頼できる人から購入したいというキモチは、インターネットでも全く同じです。

表面的なペラッペラ文章ばっかり書いても信頼関係は構築できませんよね!

 

アナログの場合でも同じです。

表面的なペラッペラのことしか話せない人に対して信頼関係をいだきませんよね?

“伝える”ことに関してはリアルもインターネットも全く同じ事で、インターネットだけ特別な方法があるワケではないのです。

インターネットはアナログに近づくように進化しています。

 

 

リアルがダメならインターネットを使ってもムダ

僕はWebマーケティングをお伝えするお仕事をしているのですが、クライアントさんにはインターネット集客の方法を教える前に”セールス”を学んでもらっています。

営業ができない人はインターネット集客なんてできるはずがない

というのが僕の本音です。

営業できない人が書く宣伝文は教科書のようなペラッペラの文章にしかなりません。

営業で人を惹きつけるような魅力的な人間にならないと、インターネットで人は集まってきません。

「今の言葉はマズかったかな」

「自分の事ばかり話しちゃった」

「相手が喜ぶことって何だろう」

ということを営業をしていく中でしっかり考え、コピーライティングにも反映させるのです。

ユ・ルイくん(恐竜)
コピーライティングって読者の顔が見えないから難しいと思ってたんだよね。
かわいさん(恐竜)
実は営業のときに相手と話す状況と同じなのよ!

 

サービスを販売する最適な手段って?

ものを売る手段にはいくつかありますが、難易度は以下のようになります。

文字で販売する>動画(映像)で販売する>電話で販売する>ビデオ通話で販売する>直接会って販売する

 

相手が得られる情報が多ければ多いほど買い手はモノを購入しやすくなります。

この順番は販売できる顧客単価も同じです。

文字だけで販売するより、直接会って販売するほうが楽に高単価商品を販売できます。

車の中古車販売サイトははオンラインでそのまま販売しようとせずに、電話して直接店舗に来てもらうように誘導します。

高単価な中古車販売サイトはどうやって車を売ってるの?

カーセンサーの場合

その場で決済せずに、「在庫・見積もり確認」をクリックし、連絡先登録を促します。

後に店舗に来ていたく仕組みです。(引用サイト:カーセンサー|中古車ならカーセンサー!豊富な中古車情報から中古車検索!

ガリバーの場合

車両の資料請求などを行うと電話がかかってきます。 (引用サイト:Gulliver|中古車ご提案サービスでは、お客様のご要望の中古車を、ガリバーが替わりに全国から大捜索。

 

インターネットだけで収益をあげるのはとても困難なんです。

インターネットで小さい行動をしてもらった後、しっかり直接会って販売した方が売りやすいです。

少なくとも、電話でしっかりお話しましょう。

インターネットの長所は多数の人にアプローチすることができることです。

しかし、薄利多売で完結するようなビジネスをしてしまってはとても勿体無いことになります。

人は集まっているけど利益が少しだけということになってしまっては、本末転倒です。

しっかりマーケティングを組んで、その一部として低単価商品を販売していきましょうね!

マーケティング戦略を組みたい人はこちらを読んで下さい!

マーケティングファネルで効率の良い集客を!

2017.08.17

 

マーケティングの効果は成約率に現れる

高単価商品を販売するときの成約率UPこそがマーケティングの存在意義なんです。

サイトに何人集まったかではなく、最終的に販売するときの手法(電話だったり対面だったり)の成約率をUPさせることこそがインターネット集客を活用する意義なんです。

営業の人が楽に成約できるようにマーケティングを組むことがマーケティングの終着点です。

営業時の成約率はマーケティングによって左右されます。

インターネット集客も同じです。

 

まとめ

インターネット集客成功の秘訣は、極限までアナログに近づくことです。

Q.なぜLINE@が集客に効果的なのか。

A.利用率が高いからではありません。

普段、リアルの友達とLINEでやり取りしているからです。

 

Q.なぜ動画が集客に効果的なのか。

A.動き・音という情報を受け取ることにより、会っている感覚に近づけるからです。

Q.なぜコピーライティングは分かりやすいほうが良いのか。

A.普段リアルで耳にしている言葉の方が親近感が湧くからです。

Q.なぜ情報発信で宣伝ばっかりするよりも個人のキャラクターを出したほうがいいのか。

A.リアルで宣伝ばっかりしてくる友達は嫌でしょ!

 

物事は複雑に見えてものすごくシンプルです。

高度な技術はシンプル化の先に存在します。

 

「インターネットだから」とか言ってないで友達を増やす感覚でアプローチしたら素敵なWeb集客戦略が完成しますよ!

 

 

The following two tabs change content below.
このブログを書いている人は Web集客構築家の原田ゆうきです。 鹿児島出身名古屋在住のガキんちょです。 人を惹きつける文章作成の力を身に着け、理系大学在学中に集客システムの構築・販売ページ作成などのサービスを提供することにより数千万円以上の売上に貢献してきました。 現在クライアントさんの成果発生率100%記録継続中。 暇さえあれば、一人で壁にボールを投げて犬のように遊んでいる。

「いいね!」と思ったらボタンをクリックしてシェアしてね!


オウンドメディア開設後わずか2週間で60万円を回収できた運用ノウハウを詰め込みました

  • 自社で低リスクな資産運用をしたい
  • 年利200%の資産運用をオウンドメディアで達成したい
  • 安定したアクセスを自社媒体に集めたい
  • 広告費を削減したい

売却できるオウンドメディアの作り方をE-BOOKにまとめました

メールマガジン登録者だけに無料配布


カンタンに配信停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です