ユ・ルイくん(恐竜)
誰が毎日ハロウィンやねん!僕はコスプレで恐竜やってるんじゃありません!

ハロウィンと言ったらUSJ!

USJで行われるハロウィンイベントの火付け役は僕が大尊敬しているマーケッターによるものです。

原田ゆうきが日本で大尊敬しているマーケッター

一人目はAKB48プロデューサーの秋元康さん。

ご自身では「マーケティングなんてやってない」と言ってますが、あれだけ数々のヒット作を生み出す秋元さんは、感性的な部分でマーケティングをしているに違いありません。ポイントを上げるとすれば、秋元さんはAKBのファンであるということ。徹底した顧客目線の人なんです。

AKB以外には美空ひばりさんの「川の流れのように」の作詞を行ったり、おニャン子クラブのプロデュースを行ったりしていました。実は、ホラー映画「着信アリ」の作者でもあるそうですよ!まさに大ヒット製造人ですね!

 

そしてもう一人、秋元康さんとは全く違ったタイプのマーケッターを尊敬しています。

その人はUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の経営難を立て直した森岡毅(現CMO)さんです。

森岡さんはP&GからUSJに入社し、数年で業績を立て直した敏腕マーケッターです。

数学を得意としていて、統計学ををたくさん用いて精度をできるだけ高めた状態で戦略を打ち立てています。感覚派の秋元康さんとは違ったタイプのマーケッターですね!

USJは、日本でも認知度が高いキャラクターを多く利用しているテーマパークです。

SONY DSC

ユ・ルイくん(恐竜)
僕達って、USJのセサミ・ストリート発表会にしれっと登場しても違和感無いかもね。
かわいさん(恐竜)
あなたは某黄色いアヒルに突かれるわよ。

今回の記事は、ハロウィン間近ということで、USJのマーケティング戦略についてお伝えします。

USJの経営難を救った森岡毅

森岡さんは2010年にUSJの社長に引き抜かれてマーケッターとして入社しました。

翌年、東北大震災が起きた2011年には

  • 橋本徹大阪府知事とタッグを組み、関西の子供を無料招待(親も引き連れる戦略)
  • ワンピース・プレミアショーをTVCMで告知
  • ゲームのモンスターハンターを原寸大展示
  • ハロウィンイベントを夜に開催&パーク内にゾンビが徘徊する画期的イベント
  • ギネス記録にも掲載されたクリスマスツリーを展示

こんなにたくさんの戦略を打ち立てています。

赤字続きだったUSJの業績回復はご存知かと思います。

そして、USJの戦略が日本の市場規模を大きく変えていきました。

USJがハロウィンに力を入れた理由

2011年にテーマパーク内にゾンビが徘徊するというハロウィン企画を実施し、大成功を収めました。

しかし、イベント実施前のハロウィンといえば、ディズニーランドやUSJがイベントの名前として使っていた程度で、「ハロウィンだからテーマパークに行かなきゃ」のような風潮は一部の人達に限られていました。

「ハロウィン」と掲げただけで集客が見込めないということを森岡さんを含め、多くの職員が知っていました。ハロウィンは毎年赤字だったそうです。

ここで、森岡さんがマーケティングをする上で最も大事にしている考え方が業績を一気に回復させました。

その考え方とは、

徹底した顧客目線

 

ハロウィンの市場規模や当時の文化がどうだとかを無視して、顧客目線に立ち帰り、市場のヒントを得ました。

  • ハロウィンは赤字であったものの、秋の行楽シーズンで入場者数は1年で最も多かった
  • パレードがなくても入場者数が見込める
  • 大学生の試験は9~10月に終わる
  • 日本の女性はストレスを抱えやすい社会にいるのに、発散する場所がないというデータ獲得

以上のデータから、ターゲットをストレスを発散したい若い独身女性に絞ったのです。

そして、費用がかさむパレードをやめたのです。

パレードが無いイベントにどうやって集客したか

ハロウィンにおけるパレードを中止したのは、データからパレードに集客力が無いということと、金銭面的な問題でした。

顧客ニーズを満たし、費用を抑えたい!

そんなときに打ち出した戦略が、

「女性にストレス発散させる仕組み作り」です。

 

 

男性の皆様、ハロウィンはUSJがオススメです。

理由は日本屈指の可愛い女性がたくさん集まっているからです。

めちゃスゴいですよ。

ハロウィンイベントのコアターゲットが若い女性なので納得ですね。

 

 

調査から分かるように日本における女性社会はどうしてもストレスが溜まりやすいのです。

働く女性が増えてきて、家のこともやらないといけない。

女同士のいざこざもめんどくさい。

でも、男みたいなストレス発散場(女の子のお店など)は女性向けに完備されていない。

かわいさん(恐竜)
私、ユ・ルイくんのせいでだいぶストレスが溜まってたのよね~
ユ・ルイくん(恐竜)
いつも僕のことを精神的に追い込んでスカッとした顔してるじゃないか!!

そんなニーズに応えるために、こんな策を打ち出しました。

  • お客様をびっくりさせるための脅かし役、ゾンビがパーク内を徘徊
  • ガッツリコスプレしてOKな風潮をアピール(ディズニーランドでは禁止されています。)
  • ギャーギャー叫んでもいい雰囲気づくり

ゾンビが徘徊する時間になると、パーク内の明かりが消え、たくさんのゾンビが出没して人を追いかけ回すんです。

USJのハロウィンと言えば、コスプレが印象的ですね。

ディズニーランドではコスプレが禁止になっています。

お客様のコスプレがディズニーパーク内の雰囲気を大きく変えてしまうのからです。

そこに目をつけ、コスプレしながらみんなで盛り上がれる場所を提供したのです。

 

そして、9~11月の目標集客14万人に対して前年プラス40万人の集客を2ヶ月で達成しました。

さらに、設備投資ほぼゼロ円で成し遂げました。

 

成功の鍵は顧客の感情を知ること

いろんなマーケティングデータを解析したり、見たりするもの良いのですが、

なぜ解析するのかが重要なんです。

僕が提供しているブログ運営サービスでも、アクセス解析をしますが、

目的は読者の感情を知りたいだけなんです。

人は感情を求めて行動します。

今回お伝えしたハロウィンイベントに関しては、

ストレスを抱えた若い女性の

感情を知るためにいろんな調査や戦術を用いたのです。

感情はどうしても言葉にできない部分で、アンケートを取っても中々数値化することができません。

なので、いろんなデータを双方から見つめ、実際に体験して、顧客の感情を知るしか無いのです。

ちなみに森岡さんは顧客の感情を知るためターゲットが経験しているであろうことを徹底して体験します。

モンスターハンターの企画を行う前に約700時間、ドラクエXに関しては7000時間くらいプレイしているそうです(笑)(引用:http://news.denfaminicogamer.jp/interview/morioka-usj

森岡さんは2017年の1月にUSJから退きました。とても残念ですが、森岡さんの意志を受け継いだマーケティング部がまだ存在しています。

是非USJに行って計算され尽くしたマーケティングを感じてみてください!

とっても勉強になりますよ!

 

どんなにすごいマーケッターでも、実際に体験しないと顧客の気持ちなんてわからないんですよね。

 

 

顧客が言葉にしない感情を理解してあげることがマーケッターの最初の仕事だと僕は認識しています。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

マーケッターとして心に火が付いたらシェアしてくれると嬉しいです。

「マーケティング=市場調査」

という間違った認識を変えていきたいというのが僕の想いです。

 

マーケティングとは、人のことを考えることなんです。

The following two tabs change content below.
このブログを書いている人は Web集客構築家の原田ゆうきです。 鹿児島出身名古屋在住のガキんちょです。 人を惹きつける文章作成の力を身に着け、理系大学在学中に集客システムの構築・販売ページ作成などのサービスを提供することにより数千万円以上の売上に貢献してきました。 現在クライアントさんの成果発生率100%記録継続中。 暇さえあれば、一人で壁にボールを投げて犬のように遊んでいる。

「いいね!」と思ったらボタンをクリックしてシェアしてね!


オウンドメディア開設後わずか2週間で60万円を回収できた運用ノウハウを詰め込みました

  • 自社で低リスクな資産運用をしたい
  • 年利200%の資産運用をオウンドメディアで達成したい
  • 安定したアクセスを自社媒体に集めたい
  • 広告費を削減したい

売却できるオウンドメディアの作り方をE-BOOKにまとめました

メールマガジン登録者だけに無料配布


カンタンに配信停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です