これを読んだらあなたは石が欲しくなる~

石ってそこら辺にあるのでレア感が全くないですよね。

実はそこら辺の石の中に水晶が入っているかもしれません!

 

僕は石が好きなんです。

おじゃる丸に登場するカズマくんのように石の形が好きというわけではありません。

石を構成している鉱物が好きなんです。

大学では人のためにならない好きなことをやろうということで、鉱物の研究をしていました。

 

鉱物の集合体が石です。

鉱物にはどんな種類のものがあるかというと、

ガーネットだったりクオーツ(水晶)だったりダイヤモンドだったり。1つの結晶のことを鉱物と言います。

パワーストーンとして有名な石や宝石はだいたい鉱物を指します。

 

石は花崗岩(かこうがん)などが有名ですね!かこう岩の中にはクオーツやその他の鉱物がたくさん含まれていて、鉱物が集まった総称のことを石と呼びます。

 

パワーストーンが好きな人は「この石ってどんな効果があるのか」というスピリチュアルな部分が気になる人が多いかと思いますが、僕は鉱物の歴史を考えてしまいます(笑)

 

パワーストーン屋さんに置いてあるパイロープガーネット(1月誕生石)を見ると、

「おっきいガーネットだな~。ギュウギュウにされてよく耐えたな~。酸素が少ないところでよく育ったね。元々泥でできた石からできたのかな?」

とか色々想像力を膨らませてしまいます。

 

パイロープガーネットとは、一見ルビーと似ているような赤い鉱物のことです。

(引用:ルース・裸石屋さんのルースプラネット

   パイロープガーネットの経歴を説明すると、もともと海底の泥がプレートの沈み込みによって押し固められ、深いところで高圧・高温条件に晒されてガーネットが形成された後、上部が削られて地上に顔を出したという歴史が考えらる。

パイロープガーネットのガーネットの経歴を簡単に説明すると、

海⇛プレート境界⇛沈み込み帯地下⇛ガーネット形成⇛地上

というものすごく複雑な経歴を辿っています。

 

そしてパイロープガーネットは「勝利の石」という意味が込められています。忍耐力と精神力を養い、困難に打ち勝つという意味らしいです。

過酷な経歴を乗り越えてきた鉱物なら、説得力がありますね(笑)

 

あんまり珍しくないから価値が低いとか言われているパイロープガーネットですが、今ボクたちが目にしている鉱物はものすごい奇跡的な確率で地上に存在しているんです!

 

鉱物1つ1つにそれぞれのストーリーがあるんです!

 

1月の誕生石であるガーネットに対して興味を持った人はどれくらいいるでしょうか?

 

ストーリーを語るだけで人の興味をそそり、そのものの価値がグンと上がるんです。

 

 

希少性が石の価値を決めると言うのはナンセンスな話です。

ビジネスにおいても、希少性より商品のストーリーが大事なのです。

 

ダイヤモンドよりルビーの方が珍しいのにダイヤモンドの方が圧倒的に高価です。

ダイヤの指輪を結婚で使うように仕向けたストーリーテラーがダイヤモンドを販売する会社だったんです。

「輝きを失わない宝石は結婚にピッタリ」というストーリーを謳い、需要と価格が跳ね上がりました。

ストーリーこそがブランドを生み出します。

 

販売しているサービスのストーリーって何でしょう?

人を楽しませるストーリーを考えてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
このブログを書いている人は Web集客構築家の原田ゆうきです。 鹿児島出身名古屋在住のガキんちょです。 人を惹きつける文章作成の力を身に着け、理系大学在学中に集客システムの構築・販売ページ作成などのサービスを提供することにより数千万円以上の売上に貢献してきました。 現在クライアントさんの成果発生率100%記録継続中。 暇さえあれば、一人で壁にボールを投げて犬のように遊んでいる。

「いいね!」と思ったらボタンをクリックしてシェアしてね!


オウンドメディア開設後わずか2週間で60万円を回収できた運用ノウハウを詰め込みました

  • 自社で低リスクな資産運用をしたい
  • 年利200%の資産運用をオウンドメディアで達成したい
  • 安定したアクセスを自社媒体に集めたい
  • 広告費を削減したい

売却できるオウンドメディアの作り方をE-BOOKにまとめました

メールマガジン登録者だけに無料配布


カンタンに配信停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です