コントロールバーを非表示にできれば、ユーザーが動画をスキップすることがでなくなり、しっかりと最初から最後まで動画を見せる事ができます。

マーケティングの一環で動画を見せたいときにスキップされると成約率が下がってしまいます。

 

そこで今回はYouTubeのコントロールバーを非表示にするワードプレス専用プラグイン

Shortcodes Ultimate

をご紹介します。

Shortcodes Ultimateというプラグインはなんと66種類もの昨日がついている優れものです。

HTMLやらCSSやら、難しいことがわからずにワークシートを使っているという方にはものすごくオススメしたいプラグインです。

今回はYouTubeの動画の詳細設定方法をお伝えします。

Shortcodes Ultimateの機能

  • 動画上のタイトルを非表示
  • コントロールバーを非表示
  • YouTubeロゴを非表示
  • 自動再生(2018年6月時点利用不可)
  • 関連動画表示
  • ループ再生

プラグインインストール方法

いつも通りプラグインをインストールします。

1.プラグインページ内の新規追加をクリック

 

2.キーワード検索でプラグインを探す

Shortcodes Ultimateというプラグインを使用します。

赤いアイコンが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

インストール数と評価数が多いですね!

WordPressといえばこれ!というくらい有名なプラグインです。

ドラえもんのポケットみたいになんでもできるところが魅力的です。

3.有効化

インストールが終了したら、「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに変わります。

「オレをクリックしてくれ!」と言わんばかりの青い有効化ボタンをクリックします。

 

4.メニューに「〈ショートコード〉」が表示されるのを確認

プラグインを有効化したら、新しいメニューが追加されます。

あんまり使用しない項目になるかもしれませんが、有効化されたかの確認になりますので、チェックしてください!

 

Shortcodes Ultimateの使い方

プラグイン終了後、文章を記入する部分の上部に「ショートコードを挿入」というボタンが出現します。

 

クリックするとShortcodes Ultimateで使える機能一覧が出てきます!

めっちゃ使える機能多いんです!~。

機能の中でも、アニメーションがものすごく使えます!

じゃーん。

颯爽と登場できるだけで、この恐竜も喜んでます。

「飛べないなら走ればいい。」

深い言葉のようなよくわからないような。

YouTube動画を自動再生してみる!

動画でも解説してます!

 

1.動画視聴ページのURLを使用

動画視聴ページのURLを埋め込み時に使います。

※動画編集画面に表示されるURLではできません!

 

2.「高度なYouTube」をクリック

Shortcodes Ultimateのツールを開いて、機能一覧を表示します。

「高度なYouTube」をクリックして、YouTubeの埋め込み準備開始!

「YouTube」と「高度なYouTube」がありますので、間違えないように!

3.YouTubeのURLを貼り付け

YouTubeの動画視聴ページのURLをコピーしたら、「高度なYouTube」内の「URL」にURLを貼り付けます。

YouTubeでプレイリストを予め設定しておけば、一連の流れで動画を案内することができます。

数話に渡るシリーズ物の動画の場合はプレイリストを表示させてあげると良いかもしれません

 

4.動画の埋め込みサイズを設定

ブログに貼り付けるとき、ちょっぴりサンプルとして見せるか、めっちゃ大きく見せるか設定しましょう!

ちなみに、この記事冒頭の動画は、幅:840、縦:640にしています!

 

5.レスポンシブ設定

PCで見るか、スマートフォンで見るかでブログのレイアウトが大きく変更してしまいます。

しっかりレスポンシブ対応して見やすいようにしておきましょう!

 

レスポンシブ対応しなかったら、⇓の図のように黒い余白ができてしまいます。

6.コントロールバーの表示or非表示設定

「動画をしかり見て欲しい!」「早送りしないで欲しい!」という人はコントロールバーが表示されないように設定しておきましょう。

僕は、ブログ記事内の動画はできるだけご自身のペースで読んで頂きたいのでコントロールバーを表示するようにしています。(記事上部の動画は表示しない設定にしています。)

事業のプロモーションビデオ等、しっかり動機づけすることが目的の動画の場合はコントロールバーを消すほうがオススメです。宣伝は基本的にスキップされてしまうからです。また、オチがある動画もコントロールバーを隠したほうがいいです。動画最後のオチだけ見られても、つまらないからです。

見てくれる人の気持を考えながら設定を変更させていってくださいね!

コントロールバーを表示させた場合の表示ステータスも設定できます。

マウスを動画に合わせたときにだけ表示するように設定できます。

7.繰り返し再生設定

しつこく何度も同じ動画を見せるという嫌がらせにオススメの機能です。自動再生と組み合わせると嫌がらせ度MAX。

 

8.関連動画表示

動画が停止される、もしくは終了したら、これまで読者さんがYouTubeで見てきた動画の関連動画が表示されます。

ブログ記事に動画を貼り付けるときは、関連動画の表示を「いいえ」に設定することをオススメします。

読者さんにとって興味がありそうな動画が表示されてしまうので、ブログから離脱してしまう可能性が高まるからです。

勉強している時に、漫画が目について読み始めることと同じ現象が発生してしまいます。

 

9.全画面表示できるようにするかしないか

動画右下に、狙いを定める時に出てくるようなマークを見たことがありますよね?このマークをクリックすると、全画面表示されるようになります。

この設定はどっちでも良いかと思います。

細かい部分も見てもらいたいという場合は必須ですね!

 

10.YouTubeのロゴを非表示にする設定

画面右下のYouTubeロゴを非表示にすることができるんです。

通常、YouTube以外のサイトでYouTube動画をみるときはYouTubeのロゴが右下に表示されてしまうんです。

マウスのカーソルが動画上にある場合はどうしてもYouTubeロゴが表示されるらしいです。

YouTubeさんのサーバーをお借りしているので、我慢しましょう。

 

11.動画のツールバーの色を設定する

動画の雰囲気をちょっぴり変えることができるんです。

明るいテーマの場合

 

暗いテーマの場合

 

あんまり違いが分かりません!

 

12.強制HTTPS

httpでアクセスした人に対してhttpsのサイトに自動転送するという意味なのですが、

YouTubeのURLはhttpsなのであんまり関係ありません!

YouTube以外のhttpサイトから動画を引っ張ってくるなら関係あるのかもしれません。

httpsってなんやねんという方は⇓の記事をご覧ください。

 

最後に「ショートコードを挿入」をクリックして完了です。

一応プレビューも見てくださいね!

まとめ

YouTubeの埋め込みをこんな簡単にできることにびっくりしました。

ワードプレスを使い始めるまでは、YouTubeの埋め込みコードを書き換えていました。

ものすごくめんどくさかったです。

Shortcodes Ultimateを使いこなせたら、本当にいろんな事ができます。

こんな感じで遊ぶこともできます。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

Web集客に関することでお役に立ててたら幸いです。

他にもオススメの記事が沢山ありますので、是非読んで下さい!