これまで多くの方からいいね!を頂いております。

WEBマーケティングでよく耳にする「SEO」と「SEM」などといったアルファベット表記のワードは、どれが何を指しているのか理解しづらいですよね。WEB担当をしていたことがある私も、「SEM」と「SEO」の意味するものを正しく理解できたのは、手探りでSEO対策を始めてしばらくしてからのことでした。

「SEO」と「SEM」は、表記が似ているだけでなく、同じような意味合いで使われることが多いため、混同されることが多く、明確な違いを理解しないまま、なんとなく使用されがちなワードです。しかし、双方ともWEBサイトを運営するうえでは、理解しておかなければいけない基本中の基本のワードです。もやもやしたままにせず、意味を理解したうえで、施策に取りかかりたいところです。

そこで今回は、「SEO」と「SEM」の正しい意味とその使い分けについて、ゆる~くですが、できるだけ詳しく解説します。それぞれのワードの意味を理解し、今後のWEBサイトの運営に活かしていきましょう。

SEMって何?

searchSEOとSEMの違いを知るにあたり、まずは、「SEM」が何かから確認していきましょう。

SEMは「Search Engine Marketing」の頭文字をとった略称で、その名前のとおり、検索エンジン上のマーケティングを意味しています。検索エンジンを利用して展開するマーケティングを総称したワードで、検索エンジンから運営するWEBサイトへの訪問者を増やすためのマーケティング手法全体を指します。

SEMとSEOはどう違う?

pc-sp検索エンジン上のマーケティングというと、思い浮かべるのは「SEM」ではなく「SEO」だという人も多いのではないでしょうか。しかし、検索エンジン上のマーケティング全体を意味するSEMに対し、SEOはその対策の範囲が限られています。続いて、SEOの意味を確認しましょう。

SEOって何?

SEOは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略称で、「検索エンジン最適化」と訳されます。検索エンジンを使って検索した結果に、運営するWEBサイトをより上位に表示させるために、サイトの中身や構造などをユーザーが利用しやすい最適な状態にする施策を意味しています。

つまり、検索エンジンでキーワードを検索した結果画面に表示される「オーガニック検索」の順位に対する施策をとることをSEOと呼びます。

SEOはSEMの一部

説明だけ聞くと、SEMもSEOも同じような内容に感じますよね。似たようなものに思えるこの2者ですが、実は大きな違いがあります。

SEMが意味している検索エンジン上のマーケティングには、オーガニック検索の順位で上位を狙うための施策である「SEO」以外に、キーワードを検索した結果画面に表示される「リスティング広告」も含まれます。オーガニック検索の結果もリスティング広告も含めて、検索エンジンを使った検索結果画面上に表示されることで、WEBサイトへの訪問者を増やすために行なうマーケティングをSEMと呼びます。

つまり、オーガニック検索での上位表示を狙うSEOは、SEMの一部ということになります。

sem-seo

SEMの種類には何がある?

searchenjin検索エンジンを経由してWEBサイトの訪問者を増やすマーケティング手法のSEMにはどんな種類があるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

オーガニック検索結果として露出機会を増やす施策「SEO」

前述したとおり、「SEO」は検索エンジン最適化を意味し、オーガニック検索の結果で上位表示を狙い、露出を増やすことで、WEBサイトの訪問者を増やす施策です。

表示順位を決めている検索エンジン「Google」は、ユーザーにとって役立つWEBサイトを高く評価するアルゴリズムを形成しています。しかし、Googleのアルゴリズムは公開されていませんし、日々変化しています。常に最新のアルゴリズムに合わせたWEBサイトを作り続けることはできません。

SEO対策というと、順位を決めている検索エンジンに対して、どうアピールするかを考えがちですが、検索エンジンがユーザー目線のアルゴリズムを形成していることを考慮すると、検索エンジンよりもユーザーを意識したコンテンツを構築することが重要といえます。

広告費を支払って検索結果画面に露出する「リスティング広告」

キーワードを入力して検索したときに、検索結果の画面に掲載される「リスティング広告」は、広告からの流入でWEBサイトの訪問者を増やす施策です。

特定のキーワードの検索結果画面の広告枠に対して広告主が入札し、オークションによって掲載される広告が決定する仕組みになっていて、広告がクリックされると入札価格として設定した金額が広告費が発生します。

入札価格は、キーワードによって異なり、検索ボリュームの大きいビッグワードと呼ばれるワードになると1回のクリックを得るために数千円の費用が発生することもあります。リスティング広告にかけることのできる予算と獲得したWEB訪問者数を考慮してキーワードを選ぶ必要があります。

SEOとリスティング広告はどちらが効果的?

a-or-bSEMの代表的な手法である「SEO」と「リスティング広告」。WEBサイトへの訪問者を増やす施策としては、どちらが効果的といえるでしょうか。4つの視点から両者を比較してみました。

コスト面では、物理的費用のかからない「SEO」に軍配

WEBサイトはできるだけ多くの人にみてもらいたいけれど、「できればコストはかけたくない」というのがサイト運営者の本音でしょう。コストという観点からみると、物理的費用のかからない「SEO」に軍配があがります。

リスティング広告は、あくまでも費用を払って露出を増やす「広告」です。クリック課金型なので、クリックされなければ、何回表示されても費用は発生しませんが、目的はWEBサイトへの流入を増やすことです。クリックされなければ広告を掲載する意味がありません。クリックをされる位置に広告を掲載するためには、それなりの価格を提示して入札する必要があります。

その点、SEOは広告ではないので、自社内で施策することが可能です。外注する場合には費用が発生しますが、自社でできることは自社で行うことで、コストは抑えた運用が可能です。

即時性なら圧倒的に「リスティング広告」優勢

すぐにでもWEBサイトの訪問者を増やしたい!という即時性を求めるのであれば、圧倒的に「リスティング広告」が優勢です。

SEO対策は、施策を実行したからといって、いきなり表示順位がぐんと上がるわけではありません。複数の施策を実行して、WEBサイトを改善していきながら、徐々に順位が上がっていくのを待つことになります。順位が上がってくると、ペナルティに該当する行為をしない限り、順位が急落することはありませんが、上位を維持できるようになるまでは辛抱強く地道な戦いが続きます。

一方のリスティング広告は、広告費を払って掲載する広告なので、広告掲載を開始して審査さえ通過すれば、すぐにでも露出を増やすことができます。結果を急ぐ場合には、リスティング広告を選ぶことをおすすめします。

コントロールできるのは「リスティング広告」

露出度合いや費用などを自分でコントロールできるのは「リスティング広告」です。リスティング広告は、入札単価も広告もリスティング広告に投入する広告費の金額も、すべて自分自身で設定することができます。どのキーワードで何位に表示されたいかという意思を反映させることができるので、コントロールしやすい施策です。

その点SEOは、前述したとおり、検索エンジンのアルゴリズムによって順位が決まります。そのアルゴリズムは一定ではなく、日々変化を続けています。検索エンジンに評価されるよう構築したはずのコンテンツも、明日にはその意味を成さなくなっているということも十分に考えられます。施策をすることで順位を少しずつ上げることはできても、順位をコントロールすることはできないことを理解しておきましょう。

クリック率が高いのはオーガニック検索の「SEO」

WEBサイトへの訪問者を増やすためには、広告にしてもオーガニック検索にしても、クリックされることが重要です。検索結果の画面上では、広告枠が上部に掲載されているため、リスティング広告の方がクリック率が高いように感じますよね。たしかに以前は画面上部にある広告枠の方がクリックされる可能性が高く、リスティング広告を優先する人が多くいました。

しかし、やがてユーザーは検索結果画面上部にあるのは、広告であるということに気づくようになりました。ユーザーがキーワードを入力してまで入手したい情報は、広告ではありません。その結果、画面上部にある広告よりも、広告の下に続くオーガニック検索の結果がクリックされるようになりました。

そのため、クリック数を増やすためには、リスティング広告での露出を増やすより、検索結果の表示順位を上げるSEOの注力する方が効果的といえます。

SEOとリスティング広告の使い分け

dominoそれぞれメリットもデメリットもある「SEO」と「リスティング広告」は、効果の出方も異なるので、目的と戦略によって使い分けることが重要になります。

短期決戦なら「リスティング広告」

すぐにWEBサイトの訪問者を増やす必要がある短期決戦の場合には「リスティング広告」をおすすめします。費用はかかりますが、即時性があるのですぐに結果を出すことにつながります。もちろん広告を掲載するまでの初期設定などは必要ですが、数日で効果を出すことも可能です。

中長期が可能なら「SEO」

すぐに露出を増やすことはできませんが、中長期的に取り組む猶予が与えられるなら、「SEO」にじっくり取り組んだ方がいいでしょう。一度表示順位が上がると、ペナルティの対象となるような行為をしない限り、順位は簡単には下落しません。ひとつのキーワードで上位表示され始めると、似たキーワードでも上位表示される可能性が高まります。表示順位を上げておいて損をすることはありません。

人員と時間が許すなら並行稼働

運用の人員と時間、費用のすべての条件が整うのであれば、SEOとリスティング広告の並行稼働が最善です。結果が出るまでに時間がかかるSEO対策を行ないながら、効果がでるまでの期間はリスティング広告を掲載することで、露出機会を確保し、WEBサイトへの訪問者数を保つことができます。双方の利点を生かした運用で、最大限の効果が期待できます

さて今回は、SEMとSEOの違い、そしてSEMに含まれるSEOとリスティング広告の使い分けについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

WEBマーケティングではたくさんの専門用語があり、そのひとつひとつの意味を理解するだけでも労力がかかります。しかし、正しい意味を知らないままでWEBサイトの運用を続けていると、大きな判断ミスを犯すことにつながりかねません。よく耳にするワードから少しずつ、その意味と他のワードとの関係性を理解していきましょう。

SEMはSEOとリスティング広告を含む検索エンジン上のマーケティング全体

  • SEO(検索エンジン最適化)はSEMの一部
  • SEMの代表的な手法はSEOとリスティング広告
  • 短期で結果を出したいなら「リスティング広告」
  • 中長期的に成果を出したいなら「SEO」
  • リスティング広告でWEB訪問者を確保しながら、地道にSEO対策を

オーガニック検索結果の上位を目指したいところですが、SEO対策は効果が出るまでに時間を要します。SEO対策をしながらも、リスティング広告などのSEMを駆使することで、露出を減らすことなく、WEBサイトの訪問者を増やしていきましょう。