ワードプレスを利用してウェブサイトやブログを立ち上げる際、たくさんあるプラグインのなかで、どのプラグインを入れたらいいか迷ってしまいますよね。

ワードプレスはシンプルな構造で、操作性が高いので、プログラミングの知識のない人でもウェブサイトやブログを簡単に作成することができます。その一方で、でき上がるページもページを作る操作画面もシンプルなので、オリジナリティーを出すためには、何かしらの工夫が必要です。

プログラミングの知識がないからワードプレスを使っているのに、どうやって魅力的なページを作ればいいの??と頭を悩ませている人もいることでしょう。そんな人におすすめなのがワードプレス公式のプラグイン。プラグインによって機能を拡張することで、同じワードプレスで生成したページもどんどん個性を持てるようになります。

プラグインには拡張したい機能によって、たくさんの種類があります。あれもこれも入れても活用できないどころか邪魔になってしまうものもでてくるでしょう。まずは必要最小限のプラグインを使いこなしていきたいところです。

そこで今回は、最低限入れておきたいワードプレスのおすすめプラグイン2018年バージョンについてお伝えしていきます。

プラグインって何?

「プラグイン」は、「Plug(挿し込む)」+「in(中に)」の造語で、もともとあるソフトウェアの機能を拡張するために追加するプログラムを意味します。

ワードプレスは自由にカスタマイズすることを前提としているため、ワードプレス自体には最低限の機能しかありません。さまざまなプラグインを活用して、その機能を拡張することで、オリジナリティーのあるウェブサイトを作り上げることができるのです。

htmlやcss、phpの知識があり、自分でプログラミングをできる力のある人であれば、わざわざプラグインを使うことに縛られる必要はありません。自分ではできない部分を補うために使うソフトウェアであると認識しましょう。

ワードプレスにおすすめのプラグイン 2018年版

ワードプレスを使ってWEBサイトやブログを作る際におすすめのプラグインを厳選しました。これらのプラグインを使いこなすことで訪問者数をどんどん増やしていきましょう。

PubSubHubbub

WebSub-PudSubHubbub

【参照元:WebSub/PubSubHubbub|WordPressプラグイン

通常はWEBサイトを更新したり、新規の記事を公開したりすると、Googleのクローラーに認識されるまでしばし時間を要します。そこで活躍するのが「PubSubHubbub」。このプラグインはWEBサイトの更新情報をGoogleに自動的に知らせてくれるので、更新から数分でGoogleにインデックスされるようになります。

Really Simple SSL

Really-Simple-SSL

【参照元:Really Simple SSL|WordPressプラグイン

WEBサイトの全ページをhttps化するのはとても労力のいる作業です。その手間のかかる作業を瞬時に実行してくれるのが「Really Simple SSL」です。インストールや設定は簡単ですが、事前にSSL証明書を取得しておく必要があるので注意しましょう。

Jetpack

Jetpack-by-WordPress

【参照元:Jetpack by WordPress.com|WordPressプラグイン

「jetpack」は1つのプラグインをインストールだけで20種類以上の機能が使えるようになる高機能なプラグインです。FacebookなどのSNSとの連携もできるようになります。インストール時点ではほとんどの機能が無効化されています。必要な機能だけを有効化して使用しましょう。

Broken Link Checker

Broken-Link-Checker

【参照元:Broken Link Checker|WordPressプラグイン

その名のとおり、壊れたリンクを検出してくれるプラグインです。自分のWEBサイトやブログに貼ったリンクのなかに、リンク切れを起こしているものがないかどうかをチェックしてくれますURLの記載ミスだけでなく、閉鎖されてつながらないリンク先も検知してくれるので、掲載から時間の経ったページのリンク切れも見逃しません。

Contact Form

Contact-Form7

【参照元:Contact Form 7|WordPressプラグイン

企業のホームページなどでよく見かけるお問い合わせフォームを作成するときに使用するプラグインです。作成した問い合わせフォームは、サイト内の各ページに掲載することができます。ユーザーとのコミュニケーションとるために問い合わせフォームは有効な手段です。プラグインを使ってフォームを作成してみましょう。

TinyMCE Advanced

TinyMCE-Advanced

【参照元:TinyMCE Advanced|WordPressプラグイン

インストールするだけで、ワードプレスのビジュアルエディタを拡張することのできるプラグインです。カスタマイズしやすいのが特徴で、Microsoft Wordやブログサービスのビジュアルエディタに似た使用感を実現します。

All in one SEO Pack

All-One-SEO-Pack

【参照元:All in One SEO Pack|WordPressプラグイン

WEBサイトを作るときに手間取るSEO対策の設定を簡単にしてくれるプラグインがこの「All in one SEO Pack」。高機能なプラグインなので、すべての機能を使いこなそうとすると設定する項目も多くなりますが、まずは必要最低限の項目だけ設定して運用を始めてみましょう。

BackWPup

BackWPup

【参照元:BackWPup – WordPress Backup Plugin|WordPressプラグイン

「BackWPup」は、その名の通り、ワードプレスで作成したWEBサイトやブログを丸ごとバックアップしてくれるプラグインです。有料版もありますが、無料版でも機能が充実しているので、無料版から始めて問題ありません。

Table of Contents Plus

Table-of-Contents-Plus

【参照元:Table of Contents Plus|WordPressプラグイン

ブログや記事を見ているとき、タイトルのあとに目次が掲載されていることがありますよね。そのような目次を自動生成してくれるプラグインがこの「Table of Contents Plus」。目次の階層まで表示してくれるので、ページを見るユーザーにも優しく、SEO対策にもつながります。

AddQuicktag

AddQuicktag

【参照元:AddQuicktag|WordPressプラグイン

ワードプレスで記事を作成する際には、エディタに標準装備されているボタンの中には使わないボタンや、あったらいいなと思うボタンが存在するものです。そんなボタンを自分が使いやすいように設定できるのがこのプラグイン。よく使うタグを登録しておくことで、記事を作成するスピードが格段に速くなります

EWWW Image Optimizer

EWWW

【参照元:EWWW Image Optimizer|WordPressプラグイン

画像圧縮プラグインです。

WordPressのデメリットはページの表示速度が遅いことです。ページ速度の遅さはユーザーの離脱を招くとともに、検索順位の低下にも影響します。

そこで、EWWW Image Optimizerを使って画像データを圧縮し、下図のようにデータを軽くする事ができます。

EWWW意味

データサイズが小さくなると、ページを読み込むときに必要な容量が少なくてすみ、自ずとページ速度が向上します。

AMP for WordPress

AMP-for-WordPress

【参照元:AMP for WordPress|WordPressプラグイン

モバイルページの表示を高速化する「AMP(Accelerated Mobile Pages)」に対応したページを自動的に作成してくれるのがこのプラグイン。モバイルユーザーの獲得を狙う場合、AMP対応は外せません。自動的に対応してくれるプラグインを使うのがおすすめです。

SNS Count Cache

SNS-Count-Cache

【参照元:SNS Count Cache|WordPressプラグイン

FacebookやTwitterなどのSNSでシェアされた数を定期的にカウントし、キャッシュに保存してくれるプラグインは、SNSを経由しないのでシェア数の高速表示が可能。オリジナルのシェアボタンを作成することができるところも魅力の1つです。

WordPress Ping Optimizer

WordPress-Ping-Optimizer

【参照元:WordPress Ping Optimizer|WordPressプラグイン

ワードプレスにはPing送信機能が標準装備されています。記事を更新するたびにPing送信されてしまうと、送信回数が多すぎてスパム扱いされてしまう恐れがあります。このプラグインを使うことで記事の更新時ではなく、記事の公開時のみPing送信するよう制御することができます。

Akismet

Akimet-Anti-Spam

【参照元:Akismet Anti-Spam|WordPressプラグイン

ページのアクセス数が増えてくると、それに比例してスパムコメントも増加します。「Akismet」はスパムと考えられるコメントを自動判別してくれるプラグインです。セキュリティ対策の一環として入れておくことをおすすめします。

 

さて今回は、最低限いれておきたいワードプレスのおすすめプラグインについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

今回紹介したのはワードプレスのプラグインのほんの一部で、このほかにも便利なプラグインはたくさんあります。まずは初心者でも使いやすい必要最小限のプラグインで運用を始めてみましょう。運用に慣れてくると、こんな機能があったらうれしいという欲望が湧いてくるものです。そのときには、自分の要望にあったプラグインを探してみるのもまた楽しみのひとつとなるでしょう。

プラグインを使ってワードプレスの機能を拡張しよう

  • プラグインはソフトウェアの機能を拡張するために追加するプログラム
  • プログラミングの知識がなくても使うことができるのがその魅力
  • インストールして有効化すれば機能するものがほとんど
  • まずは必要最低限のプラグインで運用を始めよう

プラグインを使うこと自体、ハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、プラグインのほとんどは細かい設定まで求めなければ、初心者でも簡単に機能を有効化させることができます。まずは必要最低限のものからスタートしてみましょう。

最後にお伝えしなければならないことがあります。

WordPressのテーマ自体にデフォルトで含まれている機能に関しては新たにプラグインをインストールする必要はありません。

プラグインの機能をすべてテーマに頼るほうがいいという考え方でプラグインを使いこなしていくことをおすすめします。

ちなみに、2018年6月22日時点で使用しているEmanon Proというテーマの場合、上記のプラグインでまかなえます。

  • 関連記事表示
  • CTA4パターン作成
  • ランディングページ作成(←一番重宝しています)
  • Javascript、css、htmlの圧縮によるサイト高速化

など、ここではお伝えしきれない機能があり、プラグインの利用を最小限に抑えることができます。

ご購入はこちら⇓

SEO内部対策済みWordPressテーマ Emanon

いろんな無料テーマを試してみたくなる気持ちもわかりますが、テーマをコロコロと変えていると不具合が出たり、検索順位が下がったりします。

テーマとプラグインは表示ができなくなったりするなど、不具合の原因になりますので、慎重にご検討ください。