これまで多くの方からいいね!を頂いております。

運営しているサイトのSEO対策をするとき、やり方によってはペナルティを受けることがあるという話を耳にしたことがありませんか?SEO対策は、WEBサイトを少しでも多くの人に見てもらうために、キーワード検索したユーザーの検索結果のできるだけ上位に掲載する対策をとることです。SEO対策にはさまざまな手法がありますが、検索結果を上位に表示させることを目的とした不正行為をすると、Googleからペナルティを課せられることがあります。一度ペナルティを課せられると、どんなに充実したコンテンツを掲載しても、解除されるまでキーワード検索順位が上がることはありません。
そこで今回は、Googleからペナルティを受ける禁止事項にはどのようなものがあるかをお伝えします。ペナルティの内容をしっかりと把握しておき、ペナルティを受けないようWEBサイトを運営していきましょう。

Googleペナルティとは

mizunoawaGoogleによるペナルティは、主にGoogleが、SEO対策を担当しているWEBサイト管理者向けに定めている「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」を遵守していない場合に課せられます。
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

「ウェブマスター向けガイドライン」は、Googleがサイトの品質を一定に保つために定めたものです。このガイドラインに違反しているサイトは、品質が保たれていないサイトであると認識され、検索順位が急落したり、検索結果に表示されなくなったりといったペナルティを受けます。一度ペナルティを受けると、違反していると判断された箇所をすべて修正し、再度Googleによってガイドラインに遵守したサイトであると認めてもらうまで、元の検索結果の順位まで戻ることはありません。そのため、ペナルティを受けないよう、ガイドラインに遵守したWEBサイト作りを意識することが重要です。

Googleによるペナルティの種類

no-checkGoogleから受けるペナルティには、検索エンジンによる「自動ペナルティ」と、Googleスタッフによる「手動ペナルティ」があります。

検索エンジンによる「自動ペナルティ」

自動ペナルティは、検索順位を決めるアルゴリズムによって自動的に課せられます。ペナルティを課せられたという通知がないため、ガイドラインに違反したために課されたペナルティなのか、検索エンジンのアルゴリズムの変動によってただ掲載順位が下がっただけなのか、判断が難しいところです。ただ、どちらの場合にしても、急激に順位が下落しているとすれば、ガイドラインの趣旨と異なる部分があると判断されたということなので、ガイドラインを再読することが重要です。

Googleスタッフの目視による「手動ペナルティ」

Googleスタッフによって違反をしていると判断された場合には、サイトを登録している「Google Search Console(サーチコンソール)」にペナルティの通知が届きます。自動ペナルティとは違い、通知が届くので、ペナルティが課せられたという事実も、どの部分が違反と判断されたかも明確に分かります。手動ペナルティの場合は、Googleから指摘された箇所をすべて修正し、再審査を受けるまでペナルティは解消されることはありません

ペナルティとなる禁止事項

batu-sign

自動ペナルティも手動ペナルティも、ペナルティの対象となるのは、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」を遵守していない場合です。具体的には次のようなものが対象となります。

オリジナルコンテンツがないページ

Google の検索結果では、情報を豊富でコンテンツのテーマを示す関連性の高いキーワードを適切に含めることが重視されます。順位を上げるためだけに自動生成したコンテンツや、無断複製したコンテンツなど、ユーザーにとって価値のないページはガイドラインに遵守しているとはいえません。

隠しテキストや隠しリンクが含まれたコンテンツ

背景色と同じ色のテキストを使用したり、テキストを画像の背景に置いたりすることで、テキストやリンクを隠す行為は、偽装行為とみなされることがあります。SEO対策の一環としてユーザーではなく検索エンジンのみを対象としたテキストやリンクがガイドラインに違反していると判断されます。

検索順位を上げるためのキーワードの乱用

検索順位を上げることを目的として、ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下すると判断されることがあります。文脈に合ったキーワードを適切に使用することが重要です。

検索順位の操作を目的としたリンクの設定

リンクが多く集まるWEBサイトはユーザーに有益なサイトであると判断されるため、リンクを増やすことは効果のあるSEO対策のひとつですが、検索順位を上げるためだけにリンクを増やすことはガイドラインに違反していると判断されます。リンクの売買、過剰なリンク交換、相互リンクのみを目的としたパートナーページがその対象となります。

フィッシングやウイルスなど悪意のある動作を伴うページの作成

ユーザーの予想と異なる動作をするコンテンツやソフトウェアを配布することは、ガイドラインに違反します。ユーザーのパソコンにマルウェア、トロイの木馬、スパイウェア、広告、ウイルスをインストールすることや、ユーザーが意図しないファイルをダウンロードさせることは、悪意のある動作と判断されます。

さて今回は、Googleによって不正と判断されたSEO対策へのペナルティについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。Googleが定めている「ウェブマスター向けガイドライン」は、検索エンジンとしてのGoogleを利用するユーザーのことを考えて定められたものです。厳しいと感じる部分もあるかもしれませんが、遵守することによって、ユーザーに品質の保たれたコンテンツを届けることができるともいえます。掲載順位を上げるSEO対策だけにとらわれることなく、質のよいコンテンツを提供することに重点をおきましょう。

SEO対策にとらわれないサイト運用を

・Googleによるペナルティは、「ウェブマスター向けガイドライン」に違反すると課せられる
・自動ペナルティは検索のアルゴリズムによって判断される
・手動ペナルティはGoogleスタッフによって判断され、通知が届く
・重要なのは、ユーザーにとって有益なオリジナルのコンテンツ作り
・不正な順位操作とみなされる行為はしない
・ユーザーの意図しない行為を誘発しない

検索結果に掲載されず、誰にもWEBサイトをみつけてもらえなくては、充実したコンテンツを作成しても意味がありません。ペナルティの対象となる禁止事項を行なわなくてもできるSEO対策を意識しましょう。

念のため、自分では気付かないペナルティは無いかチェックしてみると良いかもしれません。

SEO対策の基本はキーワード選定

度重なるGoogleアルゴリズムのアップロードをキッカケにSEO対策には質の高いコンテンツが大きな影響を与える要素であることが世間に浸透してきました。

質の高いコンテンツを作成するためには、「ユーザーが何を求めているのか」を理解する必要があります。 直接話したことが無いユーザーのニーズを汲み取る過程こそがSEOキーワード選定なのです。

たくさんの情報を盛り込めば検索順位が上がるということはありません(参考:SEO対策|文字数は検索上位と下位で比較したら関係ないことが判明!)。ユーザーの検索意図に沿った適切なSEOキーワードを理解することがSEO対策の第一歩です。

下記ボタンをクリックすると、狙ったキーワードでアクセスを集めるキーワード選定方法を知ることができます。

SEOキーワード選定バイブルを無料でダウンロード

今回の記事をキッカケに、Googleの顔色を伺うSEO対策を辞め、5年先もユーザーに求められ続けるブログコンテンツを作成していただければ幸いです。

これまで多くの方からいいね!を頂いております。