現代の日本には本当に様々な集客方法があります。チラシ、FAXDM、SNS、ブログ、ポスター、CM、メルマガ、LINE、うちわ、ティッシュ、などなど

とりあえず知ってる方法でがむしゃらに集客しては行けません!

ユ・ルイくん(恐竜)
じっくり行かないと僕みたいにかわいさんから嫌われちゃうよ。
かわいさん(恐竜)
あなた始めて私と合ったすぐに「好き好き、だーいすき!」って叫んでたよね。あのときは寒気がしたわ。
ユ・ルイくん(恐竜)
今、こうやってかわいさんと一緒に入れてるけど、恋愛対象として見られる可能性はものすごく低いと感じてるよ。
かわいさん(恐竜)
そんなこと分からないじゃない。Chloeのバッグを買ってくれたら気持ちが揺れるかも。
ユ・ルイくん(恐竜)
最初の関係性構築を間違ったおかげで、僕はかわいさんの気持ちをお金で買うしかなくなってしまったんだ。

お金をできるだけかけずに集客する方法とは?

お金をかけない方法はたくさんあるんです。

挙げたらキリがないので、僕が実際にやっている広告費0円集客の方法だけをお伝えしますね。

学生のころに起業して、全くお金が無かったので、頭を振り絞って集客するしかありませんでした。

頭を振り絞って集客を継続してきた結果、直接の紹介は0でインターネット経由で集客できるようになりました。実際に今の僕の売上は90%以上がインターネットからの売上です。

原田ゆうきが使っている集客方法

  • クラウドソーシング
  • セミナー
  • Facebook
  • ブログ
  • YouTube
  • LINE@

これくらいですね。ネットに依存しまくっています(笑)

セミナーに関してはインターネット集客で参加者を募っています。

なぜいろんな集客方法を同時にする必要があるの?

ユ・ルイくん(恐竜)
これだけやればOK!みたいな楽な集客方法を教えてよ~

集客はお金をかければ時間がかからないし、時間をかければお金はかかりません。

今回はお金をかけない方法をお伝えしますので、

「短時間で成果を出したい!」

という方はバンバン広告を投入してください。

色んな集客方法を同時進行する理由は、

  1. 見込み客のフェーズに合わせた集客アプローチをとる必要があるから
  2. 見込み客がいる場所(特にインターネット)が分散しているから

という2つの理由があります。特に

「見込み客のフェーズに合わせた集客アプローチをとる必要があるから」

という理由はものすごく重要です。

見込み客のフェーズって何?

資料請求したい人と、名前は知ってる程度の人は

見込み客として全く質が違います。

名前を知っている程度の人にバンバンカタログを送りつけても嫌われます。

集客は見込み客の段階を6段階に分けて考えると集客アプローチが明確になりますよ!

見込み客のフェーズ6段階

1.未認知

全く何も知られていない状態の人も見込み客として考えてみましょう!

このフェーズの見込み客にはCMSNSなどのアプローチが有効です。

見ようとしなくても見えちゃう広告です。

看板やポスターもこの段階の集客アプローチだと思っていいでしょう。

効果が分かりにくい集客アプローチですが、「単純接触回数」を増やし

「あ、見たことある」と少しずつ思ってもらえるようにしていきましょう。

CMでやけにイメージキャッチコピーを発している理由は

頭の片隅に覚えてもらうためなんです。

「あなたとコンビにファミリーマート」を聞いても行きたいとは思いませんが、

頭に残りやすいですよね!

2.問題を知っている

人は何か困りごとを解決したくて行動します。このフェーズの見込み客は自分が抱えている問題を認識しています。

例えば、膝が痛いという問題が発生したとき、

「どんな方法があるかわからないけど膝の痛みをなんとかしたい!」と思っているとします。

この時、ヒアルロン酸入りのサプリメントを購入するか、運動するか、家に手すりをつけるか、杖を買うかは決まっていません。

このときの有効なインターネット集客方法は、検索エンジン(SEO)の強化です。キーワード設定で広告を出したり、HPの検索順位をUPさせる方法です。

問題が発生したとき、困りごとワードを検索します。

インターネットを使わない場合は、問題が発生する瞬間に人がいる場所にアプローチをかけます。

アクティブ系アミューズメント施設のラウンドワンには一際高い飲み物が自動販売機で売っています。

理由はズバリ遊んでいる人に起こりうる問題を知っているからです。

 

 

 

3.必要な解決策を知っている

問題が発生し、どんな行動を取るべきかを知っている段階の見込み客フェーズです。

ブログコンテンツの強化やYouTubeで情報をこれでもかというくらい公開しましょう。

膝が痛い時に、「運動していないから筋肉をつけよう!」と病院の先生に言われたあとは

同じくらいの年齢の人で、運動をしている人にアドバイスを求めるかもしれません。

ヒアルロン酸が有効的な成分だと知っている人には、ヒアルロン酸が膝に効く理由より、

ヒアルロン酸が膝部分に浸透しやすい理由を強めに表現するといいです。

美容に関しては、

コラーゲンの分子構造が大きく、肌に浸透しにくいという情報が出回っているので、

「新技術でコラーゲンの分子構造を細かくしました!」という表記を多く見かけます。

4.詳しい情報を求めている

「実際に使ってみてどうなの!?」

が気になる段階の見込み客です。

今までの見込み客フェーズでは、

「そんな宣伝情報いらんわ!」

という状態でしたが、だんだん宣伝を強めにしてもOKです。

メールマガジンやLINE@をこのフェーズの見込み客に用いていることが多いようです。

5.実際に試したい

「大金を払って買うかは迷うけど、ちょっと試してみたいな。」

という段階の見込み客です。

このフェーズではお試し商品を実際に使ってもらいましよう。

僕はセミナーやクラウドソーシングを使って僕が提供している価値を体験してもらっています。

町中でフリスクやレッドブルを無料配布していたり、試供品を配っているのは

使ってみてファンになってもらうことが目的です。

6.「今すぐ欲しい!」状態

「ちょうどほしいと思ってた!」

という段階の見込み客です。

不満が溜まりに溜まっている人はすぐに解決したいので

衝動買いをしてしまうこともあるのではないでしょうか?

レッカー車や水道工事はすぐに来てもらわないと困りますよね。

今すぐ客を狙うとなると、競争がものすごく激しいです。

集客に時間を費やすことができない段階の見込み客には

お金を投資しなければなりません。

しかし、今すぐ客よりも前の段階でしっかりファンになってもらえたら、

ピンチの状況になったときにあなたのもとへ助けを求めるでしょう。

ビジネスの競争にはフライングしてはいけないというルールはありません。

お客様にとって素敵なサービスに巡り合えたらそれが一番なんです。

 

 

まとめ

早い段階の見込み客にアプローチをすると、お金を投資しなくても集客できるでしょう。

しかし、ブログの更新、メルマガの配信、SNSの投稿を毎日配信するのはめんどくさいし、続かないですよね。はじめのうちは成果が出にくいので、成果が出る前にやめてしまうことがほとんどです。

「お金を払って開設したHPが勿体無い」という脅迫観念に追われてブログを更新している人もいるみたいです。

たくさんの時間を使ってインターネットメディアの更新を頑張っている方に心から伝えたい事があります。

SEOのアルゴリズムに向けたブログじゃなく、

人のためにブログを更新してください!

そもそもSEOとは、検索した人が使いやすいようにするアルゴリズムで構成されています。

人のためにブログ更新していたら、自然とあなたのインターネットメディアには人が集まってきます。

あなたのコンテンツを見た時に、

読みやすい、読みたい、もっと読みたいと思うような文章を書いた先に

インターネット集客があります。

「とりあえずインターネットメディアは質より量!」

と思っている人がいますが、それはウソです。

質が低いコンテンツはSEO的にも悪影響を及ぼします。

今回の記事に書いたように、

ファンになってもらえるようなコンテンツを発信していきましょう!

人が読みやすいブログ記事を発信したい場合はこちらの記事を見てください!

人を惹きつける文章の書き方!

2017.04.20

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

The following two tabs change content below.
このブログを書いている人は Web集客構築家の原田ゆうきです。 鹿児島出身名古屋在住のガキんちょです。 人を惹きつける文章作成の力を身に着け、理系大学在学中に集客システムの構築・販売ページ作成などのサービスを提供することにより数千万円以上の売上に貢献してきました。 現在クライアントさんの成果発生率100%記録継続中。 暇さえあれば、一人で壁にボールを投げて犬のように遊んでいる。

「いいね!」と思ったらボタンをクリックしてシェアしてね!


オウンドメディア開設後わずか2週間で60万円を回収できた運用ノウハウを詰め込みました

  • 自社で低リスクな資産運用をしたい
  • 年利200%の資産運用をオウンドメディアで達成したい
  • 安定したアクセスを自社媒体に集めたい
  • 広告費を削減したい

売却できるオウンドメディアの作り方をE-BOOKにまとめました

メールマガジン登録者だけに無料配布


カンタンに配信停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です