僕の知り合いに、出会い系サイトで結婚相談所の集客をしている女性がいます。

出会い系サイトと言うより、最近流行りのペアーズというマッチングアプリです。

ユ・ルイくん(恐竜)
男心を手のひらで転がして僕みたいな純粋な男をカモにする気だな!そんなのかわいさんだけで十分さ!
かわいさん(恐竜)
あなたみたいな恐竜は誰も相手してないわよ。

 

このペアーズというマッチングアプリは怪しい出会い系サイトとは打って変わり、サクラが少ないですし、危ない援助交際は禁止されています。

ペアーズの会員数はで600万人を突破したそうです(2017年9月時点)。

ペアーズが爆発的な人気を生んだ理由もここでお伝えしたいのですが、

今回は結婚相談所の集客をしている人の話をします。

ペアーズを使った集客方法に関しては「流石だな」と感じています。

まさに効率的な集客方法だからです。

今回は出会い系アプリで集客をしている人から学べる、自分の事業にピッタリな集客方法の見つけ方をお伝えします!

Step1 現在の集客方法に対して、常に疑問を持ち続ける

「どの集客方法が一番良いの?」なんて質問をよくされることがあります。

「やっぱりTwitterかね?」

「最近YouTubeがいいらしいよ」

こんな会話をよく耳にします。

僕はクラウドソーシングを使った集客方法を行っていたとき、そこそこ売上を作ることができました。

理由は、僕以外にクラウドソーシングを使って集客している人が少なかったからです。

でも、すぐに次の集客戦略を考えないといけないという気持ちを持ち続けていました。

 

大事なのは、「なぜその集客方法が効果的なのか」という理由です。

 

わけも分からずブログ集客を行おうとすると、5回しか投稿していないにも関わらず

「ブログは効果が出ない」

と言い出し始めるんです。

5回の投稿で成果ができることはまれです。

ブログを読んでいる人の気持ちをしっかり理解することが大前提で集客を仕掛ける必要があるんです。

大切なのは

ターゲット顧客の気持ちを知ること

これが第一ステップです。

Step2 どの場所で集客を仕掛けるべきかを考える

自分が販売する商品が人に提供できる価値(例:コーヒー⇛眠気覚まし)を明確にした上で、集客を仕掛ける場所を選びましょう!

出会い系アプリで集客をしている人のターゲットは、

「結婚したい男性」です。

「どうしてもいい出会いがほしい!」

「遊びではなく真剣にお付き合いしたい!」

という気持ちを持っている人がどこにいるかを考えたわけです。

すると、

本人審査アリ&プロフィール写真が掲載されている&出会いに対してお金を払うくらい真剣

という条件を満たした

マッチングアプリ”ペアーズ”に登録し、集客を開始したわけです。

 

集客は考えて実際の行動に移ることが大事

出会い系アプリで集客したらいいなんてことは誰にも教わっていないのにもかかわらず、出会い系アプリを使っていました。

ターゲットがどこにるかを考え、実際にやってみただけなのです。

出会い系アプリで集客をしていた人は数人にお会いしただけで、結婚相談所の入会者を獲得しました。

「成約させるためにできるだけ多くの人に会わないと!」

と考えずに、

「効率よくアポイントをとって、成約率を上げたい」

という考えを持ったほうが随分と楽になりますよね。

いつ・どこで・誰に・何を・どのように販売していくかを考え、実践し、修正していくことが

売上を上げる効率的な方法なんです。

売れている営業マンはやっていると思いますが。。。

 

これはインターネット集客においても同じです。

13~59歳以下の日本人の9割以上が毎日インターネットを利用します。

(出典 総務省「通信利用動向調査」http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

 

インターネットはもはや目をそらすことができない媒体になっているんです。

 

インターネットを使ったら集客できるということではなく、

ターゲットの人が普段どこに時間を使っているかが大事なのです。

 

出会い系サイトで集客している人に対して、賛否両論あるかもしれませんが、

出会いたい人に対してより良い場所の提案をできることは良いことだと思っています。

結婚相談所に入りたいかどうかは本人が決めることですし。

ユ・ルイくん(恐竜)
サクラってあんまりいいイメージを持てないんだよね。
かわいさん(恐竜)
相手を騙して無理やり結婚相談所に入会させていないのであれば、相手自身が選んだ行動だものね。相手が喜べば最初はサクラであろうと素敵な貢献よね。ちなみに、サクラと言いつつも、ちゃっかり彼氏を探してたわ。

 

まとめ

「今の時代がはブログ集客がオススメ!」「やっぱりFacebook集客だよね」「LINEの開封率が高いから集客できる!」

という言葉に踊らされずに、

ターゲット顧客はどこにいるだろうかをしっかり考えて集客をしないと、いろんな方法に手を出して知識だけ見について何も成果が得られず、「やっぱり〇〇集客は上手く行かなかった」という愚痴をこぼすことになります。

誰かが行っている集客方法でどれだけうまくいっているかなんて気にする必要がありません。

カッコイイ集客法をしようとしなくても、流行に乗った新しい集客法を取り入れなくても、

お客様と売り手がwin-winになれたらそれで良いのです。

泥臭くてもいいじゃないですか!

 

僕はインターネット集客のサービスを提供しているのですが、結構泥臭いことをやっているんです。例えば、

コピーライティングを販売するターゲットは集客したい経営者だったので、仕事の外注を行うクラウドソーシングで集客をしました。

ブログ運営サービスのターゲットはブログの運営を手間に感じている人なので、顧客リストを持っているHP制作会社さんに電子メールを送りました。

 

僕の集客方法が全員に適しているわけではありません。

是非あなただけの効率的な集客方法をどんどん試してみましょうね!

The following two tabs change content below.
このブログを書いている人は Web集客構築家の原田ゆうきです。 鹿児島出身名古屋在住のガキんちょです。 人を惹きつける文章作成の力を身に着け、理系大学在学中に集客システムの構築・販売ページ作成などのサービスを提供することにより数千万円以上の売上に貢献してきました。 現在クライアントさんの成果発生率100%記録継続中。 暇さえあれば、一人で壁にボールを投げて犬のように遊んでいる。

「いいね!」と思ったらボタンをクリックしてシェアしてね!


オウンドメディア開設後わずか2週間で60万円を回収できた運用ノウハウを詰め込みました

  • 自社で低リスクな資産運用をしたい
  • 年利200%の資産運用をオウンドメディアで達成したい
  • 安定したアクセスを自社媒体に集めたい
  • 広告費を削減したい

売却できるオウンドメディアの作り方をE-BOOKにまとめました

メールマガジン登録者だけに無料配布


カンタンに配信停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です