キーワード選定ツール「キーワードプランナー」で調べることができるキーワードの競合性。競合性が低いキーワードならライバルが少なく、すぐに検索結果が上位に上がると思っていませんか?

キーワードプランナーでキーワードを検索した際に出てくる「競合性」は、キーワードの競合が多いかどうかを示す指標であることは事実です。ですが、それはGoogle Adwordsで出稿するリスティング広告での話。その他のインターネット広告やSEO対策においてもライバルが少ないとは限りません

せっかく抽出したデータも、意味を勘違いし使い方を間違えてしまっては効果を出すことはできません。キーワードプランナーでできることや得られる情報の種類を正しく理解し、有効活用したいところです。

そこで今回は、キーワードプランナーの使い方とそこで得られる「競合性」などの情報の正しい意味について解説していきます。

キーワードプランナーってなに?

keywordplanner

まずは「キーワードプランナー」がどんなツールなのかを確認していきましょう。

キーワードプランナーはGoogle Adwordsで広告を出稿するキーワードを選ぶときに必要な情報を調べることができるツールです。もともとはリスティング広告の出稿のために作られたツールですが、SEO対策をするキーワード選びにも参考になる情報を得ることができるので、SEO対策で使われることも多くあります。

ただし、キーワードプランナーはGoogle Adwordsに付随するツールなので、単独で使うことはできません。使用の際にはGoogle Adwordsのアカウントが必要になるので注意しましょう。

キーワードプランナーでできること

キーワードプランナーを使うことで具体的に何ができるようになるのでしょうか。

新しいキーワードの候補を見つける

WEBサイトに関連する語句やフレーズ、URLを入力すると、関連性の高いキーワードを自動的に抽出してくれます。抽出されたキーワードには、そのキーワードの月間検索ボリュームや競合性の高低、検索結果ページの上位に表示されるために必要な推定入札単価などの情報が付加されているので、それらの情報をキーワード選びの参考にすることができます。

出稿前に広告予算のシミュレーション

推定入札単価や検索頻度などの情報をもとに実際に広告を出稿する前に、いくらくらいの予算が必要なのか、予算内に収めるためにはどのキーワードに絞り込んだらいいかなどの対策を練ることができます。事前にシミュレーションすることが可能なので、ムダな出費を少しでも軽減することにつながります。

同業他社の動向を調査

キーワードプランナーで調べられるのはなにも自社の情報だけではありません。ライバルとなる同業他社のWEBサイトのURLを入力して調べることで、他社がどんなキーワードに力を入れて対策しているかを読み取ることができます。自社が見落としていた効果的なキーワードが見つかる可能性も。他社のマネをするだけではいつまで立っても追い越すことはできませんが、参考情報としては知っておいて損はないでしょう。

キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーの基本的は使い方についてみていきましょう。

事前に準備しておくこと

キーワードプランナーはGoogle Adwordsに付随するツールです。そのためキーワードプランナーを使うためには、Google Adwordsのアカウントとパスワードが必要となります。利用を開始する前にアカウントを取得しておきましょう。

キーワードプランナーの利用開始

Google Adwords>ツール>キーワードプランナーを開きます。
【参照URL:Google Adwords|キーワードプランナー

keywordplanner

画面右上部の【利用開始】をクリックすると、Google Adwordsへのログインを求められます。
事前に登録してあるアカウントでログインしてください。

googleadwords

ログインすると、登録したアカウントのGoogle Adwordsのページが開きます。右画面上部の【ツールボタン】をクリックし、表示されるメニューのなかから【キーワードプランナー】を選択してください。これで利用を開始することができます。

keywordplanner1

キーワードを検索

【キーワードを検索】をクリックすると、「お客様のビジネスに関連する単語やフレーズ、URLを入力してください」と表示されます。特定のキーワードについて調べたいときにはキーワードを、自社のサイトで対策すべきキーワードを広く知りたい場合にはWEBサイトのURLを入力して検索してみましょう。

keywordplanner2

キーワードは1つの単語でも複数の語句の組み合わせでも調べることができます。複数の語句による複合キーワードを検索する場合には、単語と単語の間にスペースを入れてください。

keywordplanner3

入力が完了したら【開始する】をクリックします。すると検索結果が表示されます。

keywordplanner4

入力したキーワードやURLと関連性の高いキーワードの検索ボリュームや競合性、推定入札単価などが表示されます。関連性の高いキーワードは、見落としていたキーワードの発見につながったり、ロングテールワードとも呼ばれる複数の語句の組み合わせによる複合ワードを探す際の参考になったりします。また、今後どんなキーワードの記事を増やしてくべきかなどの指標のひとつにすることもできます。

リスティング広告の効果予測

Google Adwordsでリスティング広告の出稿を始める前に広告予算のシミュレーションをすることができます。より詳細なデータを取得するためには、キーワードが決まり、広告出稿の設定をした段階でこの機能を利用することをおすすめします。

まずは【検索ボリュームと検索の予測を取得しましょう】をクリックします。

keywordplanner2

キーワードを1行に1つ、複合キーワードの場合にはスペースを空けて1行に複数語句を入力して【開始】をクリックすると、各キーワードのクリック数や表示回数、クリック単価などの予測値が算出されます。

keywordplanner5

Google Adwordsで上限クリック単価などを細かく設定した方がよりリアルな数字を知ることができます。実際にリスティング広告にかけられる予算と相談しながら、シミュレーションしてみましょう。

keywordplanner6

キーワードプランナーで取得できる情報

キーワード検索機能を使って取得できる情報には次のようなものがあります。それぞれの項目が示している内容と取扱い方の注意点について説明します。

関連性のあるキーワード

検索したキーワードやURLと関連性があると判断されたキーワードの候補が、関連性の高い順で表示されます。想像していなかった語句の組み合わせでできたロングテールキーワードが見つかることがあるので、よく確認しましょう。

注意したいのは、スペースの有無や語句の順番でも検索ボリューム等が異なるという点。「seo対策」と「seo(スペース)対策」と「対策(スペース)seo」ではそれぞれ異なる結果が表示されています。どの並び順がいいか、スペースは入れた方がいいかどうかなどについて検討する際の判断材料にしてください。

月間平均検索ボリューム

該当するキーワードとその類似パターンについて1カ月でどのくらい検索されているかを示した数値です。Google Adwordsで広告を掲載している有料プランのアカウントでは詳細な数値が表示されますが、広告を掲載していない無料プランの場合には、「100~1000」「1000~1万」といった概算の数字のみが表示されます。広告の掲載は少額からでも可能です。詳細は数値を知りたいという人は、広告を掲載してみるのも選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

競合性

該当のキーワードに対する広告のプレースメントの競合状況が「高」「中」「低」の3段階表示されます。競合性が高いキーワードはライバルが多いということ。同業他社の多くがそのキーワードでリスティング広告を出稿しているため、必然的に入札単価はぐんと跳ね上がります。リスティング広告の観点からいえば、競合性が低いキーワードが狙い目といえます。

【参考URL:キーワードは穴場を狙え!費用対効果の高いリスティング広告の出し方

ただし、キーワードプランナーで競合性が「低」と表示されたキーワードがSEO対策でも狙い目というわけではありません。キーワードプランナーで算出される競合性は、あくまでもGoogleにおけるリスティング広告の出稿に限って適応されるものです。Yahoo!リスティング広告は含まれていませんし、SEO対策についてもまったく関与していません。

リスティング広告の出稿が少なくても、各社がSEO対策に取り組んでいるキーワードはたくさんあります。競合性が低いキーワードだから、すぐに検索順位をあげることができると甘くみないように注意しましょう。

広告インプレッションシェア

Google Adwordsで広告を出稿している場合、前月の実績から該当のキーワードがどのくらい表示され、クリックされる可能性があるかを導き出した数値です。広告を出稿していない場合には「-」と表示されます。

ページ上部掲載の広告単価(低額帯、高額帯)

該当のキーワードの検索結果ページの上部にリスティング広告が表示された過去実績から、金額が高かったケースと低かったケースの単価を表示します。その時々でクリック単価は変動します。この金額をかけていれば広告がページ上部に表示されることを保証するものではないので注意しましょう。

アカウントステータス

Google Adwordsで広告を出稿している場合、該当のキーワードで広告を出稿しているかどうかが一目で分かるようになっています。まだ出稿していないキーワードで有力な候補がある場合には出稿を検討しましょう。

一緒に使いたいキーワード選定ツール

キーワードプランナーは、キーワード選定にとても便利なツールですが、Google Adwordsに付随するツールであるがゆえに、Google以外にリスティング広告の出稿を考えている人やSEO対策用のキーワードを検討している人が使うには適していないデータも含まれています。

次のようなツールも併せて使うことで、偏りのない情報を入手しましょう。

goodkeyword

Goodkeyword

https://goodkeyword.net/

キーワードを入力するだけで、「Google」「Yahoo」「Bing」の3つの検索サイトで検索される関連キーワード(サジェスト)を一括で調べることができます。複数の検索サイトのデータを入手可能なので検討材料にしやすいです。

関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツール

http://www.related-keywords.com/

入力したワードに関連するキーワードを「Googleサジェスト「教えて!goo」「Yahoo!知恵袋」の情報をもとに抽出することができます。調べ事をするユーザー目線のキーワードが多く含まれているので参考になります。

その他キーワードを選ぶヒントになるツールはこちら

さて今回は、キーワードプランナーで取得することができる情報の種類とそれぞれの情報の特性についてお伝えしましたがいかがでしたか?

「キーワードプランナー」という名前から、キーワード選定に活用されることの多いツールですが、このツールはGoogle Adwordsで広告を出稿する人のためのツールであることをしっかり頭に入れておくことが重要です。特に誤解されがちな「競合性」などについては、取得できるデータの意味を間違えないように細心の注意を払って利用しましょう。

本来キーワードプランナーはGoogle Adwords利用が前提のキーワード選定ツール

  • キーワードプランナーはGoogle Adwordsのアカウントがないと利用できない
  • 関連性の高いキーワードが抽出されるので新しい発見につながる
  • 月間平均検索ボリュームは無料プランと有料プランで得られる情報が異なる
  • 競合性はあくまでもGoogleのリスティング広告においての競合性。SEOとは関係ない

Google Adwordsのアカウントは必要ですが、実際には広告の出稿をしなくてもキーワードプランナーのみを使用することができます。キーワード選びが難航しているときには、あらゆる可能性を引き出す意味でも活用してみることをおすすめします。

正しいSEOキーワード選定を知ろう

キーワード選定はあくまで検索ユーザーが求めているニーズを読み解く工程の一部です。競合が少ないキーワードだからといって検索上位に表示されるかどうかは別の話です。

検索キーワードをヒントにニーズを掘り起こした結果、ユーザーが欲しい情報を欲しいときにほしい形で欲しい情報のみ提供することができるのです。

キーワードプランナーを使った正しいキーワード選定の全手順は無料ダウンロード|SEOキーワード選定バイブルからダウンロードできます。

SEOキーワード選定バイブルをダウンロード