Pocket
LINEで送る

【ユ・ルイくん(恐竜)】
「これから集客できるホームページを作ろうと思うんだけど、どう思う?」
【かわいさん(恐竜)】
「ちなみにホームページを作っただけでは全く集客できないわよ。」
【ユ・ルイくん(恐竜)】
「ホームページ屋さんが集客できる良いサイトにするならブログの更新をしないといけないとか言ってたな~。」
【かわいさん(恐竜)】
「ホームページとブログの違いをしっかり理解して使い分けないとね」

ホームページとは

ホームページ(以下HP)はオンライン上の店舗だと思っていただけると良いかと思います。

会社や商品のことを直接知ってもらうことが目的です。

お店に入れば商品を詳しく知ることができます。

しかし、お店に集まる人は商品に興味がある人しか来ません。

主な使用用途

  • 会社案内
  • 商品販売ページ
  • 採用ページ
  • 投資家向け情報
  • 案件実績

集客できるホームページを作りたい場合は、ホームページの中にブログが併設されている場合がほとんどです。

ブログとは

ブログとは情報を公開&更新する場所です。例えるなら店舗の情報が掲載された情報誌や雑誌だと思っていただけると分かりやすいかと思います。

書いた記事はこれまで発行した記事のように蓄積され、人の目に渡る可能性を広げます。

もともとブログはオンライン上の日記として存在していました。

このサイトを見ている人は集客の一環としてブログを見なしている人が多いと思うので

「ブログ=集客ブログ」

として話を進めていきます。

ブログの主な目的は検索エンジンからの安定した集客です。

人が知りたい情報がある限り、ブログサイトへのアクセスは安定します。

ブログ記事を増やすことによって検索から流入する人の入り口を増やす狙いがあるんです。

アフィリエイトで稼ぐことが目的なら、ブログだけで十分でしょう。

事業としての安心感よりも集客を優先にしてください。

HPとブログどっちが良いのか比較してみた

HPとブログのどっちが良いかは目的によって異なります。

項目別にどっちがいいのか比較していきましょう。

事業や商品の説明に向いているのは・・・

HPは事業の説明や商品の説明に向いています。

HPを制作会社に発注し、ブログやSNSから誘導していきましょう。

ブログの場合は、HPみたいに商品の説明ばっかりしても嫌われます。

理由は、検索で来る人のほとんどは”情報”を求めてくる人ばかりだからです。

ブログしばらく更新している人はアクセスの流入先を見てみてください。

50記事ほど更新した人はアクセスの割合の大部分を占めるのが検索エンジンからの流入ということが多いかと思います。

「検索して調べごとをしてたのに実は商品の宣伝だった」となると残念ですよね。

アクセスはどっちのほうが集めやすいか

Webサイトを作成するとどうしても気になるのがアクセス数。

「アクセスがないとHPを作った意味がない!」

と思う気持ちもあるかと思いますが、実はそんなことないのです。

アクセスが少なくても高倍率が高ければ売上としては合格なんです。

膨大なアクセスを集めても売上につながらないケースはよくあります。

一般的にアクセスを集めやすい芸能エンタメサイトと中古車査定のサイトを見比べてみます。

サイトの概要販売価格 月間売上月間コスト営業利益月間平均 PV
芸能人や著名人を中心としたエンタメブログ30万円5,184円591円4,593円15,383
中古車一括査定のアフィリエイトサイト180万円58,000円1,000円57,000円15,000

引用元: サイト売買Z|サイト売買の決定版。ウェブサイトの売買、売却、買取、M&Aならお任せ。

エンタメサイトと中古車査定サイトのPV数(アクセス数)はほとんど同じなのに月間売上が10倍違います。サイト販売価格は6倍の差があります。

最終的な販売物にどれくらい興味があるような人が集まっているサイトかどうかで売上の結果が全く異なるんです。

「今すぐ買いたい」と思っている人を集めたほうが成約率(商品を購入してくれる可能性)は高いです。

自分のサイトに訪問してくれる人はどんな心理なのかを考えてサイト構築しましょう!

商品購入率(成約率)

HPに訪れる人はすでに企業のことを知っていたり、商品目的で訪れます。

今すぐ買いたい人や商品のことを知りたい人が集まるサイトがHPです。

ブログの場合は商品や事業のことよりも情報を目的としてサイトに訪れるため、おのずと購入率は下がります。

検索からの集客のしやすさ

ブログの方が圧倒的に検索からの集客で成功し易いんです。

アクセスが集めやすい理由は

  • 文章の量が多いので、様々な検索ワードに引っかかりやすい
  • ブログは一度更新したらずっと検索からのアクセスが見込める
  • ドメインが強くなる

検索で上位表示させるためにはどうしても情報量(コンテンツの質と量)が必要になってきます。

コンテンツを増やすためにはブログのような更新しやすい物を使うと便利です。

ブログをたくさん更新したほうがいい理由はドメインパワーを強化するためでもあるんです。

サイト売買のしやすさ

特に注目すべき点は売却のしやすさです。

HPは事業に関する特定の情報が書かれているため、アクセスがあったとしてもサイトのみの売買が困難な傾向にあります。

HPがECショップ(オンラインショップ)のようなサイトのみで独立した売上を作ることができない限り売却は難しいでしょう。

ところがブログのような情報サイトならサイト自体の売買があってもそこまで影響はありません。

サイト売買に関してはこちらの記事を見ていただけると大体の相場が分かるかもしれません。

HPとブログの比較まとめ

事業の説明訪問者数商品購買率検索流入売却しやすさ
HP
ブログ

会社のパンフレット代わりに見てもらいたい場合はHP、オンラインで集客したい場合はブログを更新したらOKです!

ホームページとブログの使い分けの基準

HPとブログの違いは事業や商品の説明するのか情報発信をメインにするのかです。

僕自身企業としての信頼を得ることが目的だったらHP、集客目的だったらブログでいいと思っています。

ブログ集客で大成功している企業のHPは殺風景だったりします。

HPとは別に自社の情報サイトを持っており、そこで独立した売上を作っています。

 

ブログをオンラインの情報雑誌のように見立てて集客媒体としての資産にする企業が急激に増加しています。

理由はリスティング広告よりも高い集客効果が得られるからです。

引用元: 「2012年度国内SEO市場規模予想」クロスフィニティ株式会社のプレスリリースより、「2012年日本の広告費」電通 運用型広告費より

 

ブログで集客をしたい人はコンテンツマーケティングについての情報を要チェックです!

無料でブログをはじめてみたいという人はこちら

 

Pocket
LINEで送る