SEOキーワード選定を無料で簡単に行う方法【動画付き】

ユ・ルイくん(恐竜)
SEO対策は大事って聞くけど、実際にどれだけアクセスが集まるかが大事なのにそのあたりは曖昧だよね。
かわいさん(恐竜)
某SEO対策業者が「検索上位表示させます」と言いつつ、どれだけ検索されているかは言わないのよね。成功例は何万社の内ごくわずからしいわよ。保証も何もついてないし。この前SEO対策業者から電話がかかってきてウザかったわ。
ユ・ルイくん(恐竜)

 

検索順位がもたらす集客の差

検索順位が下がれば下がるほど、検索結果画面の下の方に表示されてしまいます。

さらに検索表示が上位10位以内でない場合は、検索結果の次のページを見られなければなりません。

上位10位以内ではないサイトはクリック率(サイト訪問)が低く、検索流入の効果が低くなってしまいます。

 

検索順位の1位~10位は、広告の下方に表示されます。

SEO対策をして検索順位が上がれば実際にどれくらいのアクセスが見込めるのかと言うと、キーワードを検索される回数によって大きく異なるので、一概には言えません。

大まかなクリック率の割合に関してはデータが公開されています。

2017年検索順位別平均クリック率

(引用:Google Organic Click Through Study | Whitepapers by Internet Marketing Ninjas

かわいさん(恐竜)
検索結果表示画面の一番上に出ているサイトよりもSEOによる検索上位の方がクリック率が高いらしいわよ!

検索結果表示画面におけるクリック率が分かったら、お金面のことを見てみましょう!

インターネット集客ではお金を出せばとりあえず人目に触れることができます。

自然検索とリスティング広告のコストパフォーマンス対比

(引用:クロスフィニティ、「2016年度版国内SEO市場予測 (2014-2018)」を発表

資金が潤沢にある大手企業がSEO対策に躍起になる理由は”コストパフォーマンスが良いから”なんです。

さらに、広告からサイトに訪れた人よりも、検索から流入した方がサイト内での滞在時間が長いんです。

つまり、広告で検索結果画面に上位表示させるよりも、SEO検索上位表示から訪れた人のほうが商品を購入してくれる可能性が高くなるということです。

SEO対策で重要な5つのポイント

SEO対策は基本的に以下の5つの項目から成り立っています。

  1. Googleにサイト巡回許可のお知らせをする
  2. 検索するときに検索窓に入れそうなキーワードを使う
  3. ページの滞在時間を増やすようにサイト構築する
  4. 引用したくなるようなサイトを作る
  5. Google以外のインターネットサービスから誘導する

詳しい詳細はこちら

これだけは覚えて!ずっと変わらないSEOアルゴリズムの仕組み

2017.09.01

良質なコンテンツを作ること前提でSEO対策の方法を教えるとすれば、

2番のSEOキーワード選定が重要になってきます。

今回の記事ではSEOキーワード選定方法についてお伝えします。

SEOキーワード選定の方法

ブログ記事やHPの1ページに表示させるタイトルにはGoogle検索機能ユーザーが見つけやすいようにしなければなりません。

言うなれば、Googleの検索順位を決定するロボットに分かりやすいようにタイトル、記事を作らなければなりません。

SEOキーワード選定には様々なツールが公開されており、僕も色んなツールを使っています。

今回お伝えする方法は、

  • カンタン
  • 無料
  • すぐできる

の三拍子が揃った方法になります。

理解しやすいように、開設動画も用意しました!

 

ブログの大まかなネタを決める

今回の方法は、ネタがある程度決まっていて、その情報で検索順位に表示させる方法をお伝えします。

まず、SEOメタキーワードの選定を行います。

記事の内容を知りたい人の気持になって、検索窓に入力するであろうキーワードのことです。

何のことを伝えたいかを決めます。

 

Googleの検索窓を利用する

Googleの検索画面を開いて、ブログで書こうと思っているネタのキーワードを入力しましょう。

今見てくださっているブログのキーワードは「SEO、Web集客、ブログ」などです。

このキーワードのうち、どれかを検索窓に入れましょう。

 

例えば、「おまんじゅうこわい」を検索窓に入力します。

なぜおまんじゅうこわいを検索窓に入れたのかはヒ・ミ・ツ!(単なるひらめきです)

検索結果を見てみましょう。さすがに「おまんじゅうこわい」で調べると広告が表示されませんね(笑)


 

検索結果が表示されたら、URLを見ます

このURLをなぜ見るかと言うと、ドメインパワーが弱いサイトが上位表示されていないかをチェックするのです。

緑色で表示されているURLに無料ブログならではのURLが記載されていることがあります。

下の画像だと、「fc2web.com」 って書いてありますね!

僕が無料ブログをオススメしない理由はこれです。

無料ブログだと、独自ドメインのサイトに検索順位で負けやすいのです。

無料ブログ一覧はこちらのサイトに掲載されています。

無料ブログ一覧⇛無料ブログの達人

有名無料ブログをお伝えすると、

  • アメーバブログ(例:https://ameblo.jp/mihajlo/)
  • はてなブログ(例:http://soshi-matsuoka.hatenablog.com/entry/homoodahomoo)
  • FC2ブログ(例:http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-5232.html)
  • Livedoorブログ(例:http://blog.livedoor.jp/otataho/archives/52168626.html)
  • gooブログ(例:http://blog.goo.ne.jp/bb-danwa)
  • seesaaブログ(例:http://polipresent.seesaa.net
  • 忍者ブログ(例:http://shibahoo.blog.shinobi.jp

などたくさんあります。

ブログだけに限らずドメインパワーが弱いHPもあります。

  • Wix(例:https://ja.wix.com/blog/2016/01/wix%E6%96%B0%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BF%E3%81%A7%E4%BD%9C%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%B4%A0%E6%95%B5%E3%81%AA12%E3%81%AE%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8-%E5%9B%BD/)
  • Jimdo(例:https://tsuyuki-seisakusyo.jimdo.com/)
  • Ameba Ownd(例:https://tiit.amebaownd.com/)

などなどです。

URLをみたらお分かりになるかと思います!

上記サイトのURLを検索結果画面1ページ目で見つけたら、競合サイトに勝てる可能性が高く、ブルーオーシャンのキーワードなんです!

 

僕の実体験だと、はてなブログで検索流入はほとんど無かったのに、独自ドメインを使ってワードプレスを開設したらわずか1ヶ月で検索流入が増え始めました。

もっと早くワードプレスでブログ更新しておけばよかったと心から後悔しております。

 

まとめ

今回のお話は、アメーバブログなどの無料ブログをエサに検索上位を狙う残酷な方法をご紹介しました。

なぜアメーバブログなどの無料ブログが検索上位に君臨することが難しいかという理由に関しては、後ほど記事にしたいと考えています。ちゃんとした理由があるんですよ~!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

今回の記事は頑張ってブログ集客をしている人にとってとても役立つ情報です。頑張っているだけ成果につなげてほしい。質の高い情報なのに成果が出にくいなんてほんとに勿体無いです!

今回の記事、是非シェアをしていただけるとうれしいです!

The following two tabs change content below.
このブログを書いている人は Web集客構築家の原田ゆうきです。 鹿児島出身名古屋在住のガキんちょです。 人を惹きつける文章作成の力を身に着け、理系大学在学中に集客システムの構築・販売ページ作成などのサービスを提供することにより数千万円以上の売上に貢献してきました。 現在クライアントさんの成果発生率100%記録継続中。 暇さえあれば、一人で壁にボールを投げて犬のように遊んでいる。

「いいね!」と思ったらボタンをクリックしてシェアしてね!


オウンドメディア開設後わずか2週間で60万円を回収できた運用ノウハウを詰め込みました

  • 自社で低リスクな資産運用をしたい
  • 年利200%の資産運用をオウンドメディアで達成したい
  • 安定したアクセスを自社媒体に集めたい
  • 広告費を削減したい

売却できるオウンドメディアの作り方をE-BOOKにまとめました

メールマガジン登録者だけに無料配布


カンタンに配信停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です