こんな噂を聞いたことありませんか?

「コピーライティングに文章力や国語力は必要ない」

と。

僕はずっと不思議でした。

文章力があるということは読みやすい。

読者が読みやすいということは、サービスに興味を持ちやすい。

「結局文章力がある方が有利なんじゃないか」と思っていました。

 

売上を作るコピーライティングに文章力や国語力が必要ない理由を発見したのでお伝えしようと思います。

コピーライティングの上達に才能なんて関係なくて、練習すれば誰でもできるんだということが伝われば幸いです。

この記事を執筆している原田ゆうきは小学・中学・高校で国語の成績が一番悪かったんです。成績も下の方でした。

本をよむことが大嫌いな人間でした。小さい文字がずらりと並んだページを見るだけで目がまわり、何度も同じ行を読んでしまっていました。

読書が苦手な方なら何度も同じ行を読んでしまうときのフラストレーションはわかりますよね!

今でもそんなに活字を読むことが得意ではないですし、ましてや文章を書くこともそんなに好きではありません。だからふざけながら記事を書かないとやってられないんです!

なぜ僕が好きでもないブログを書いているのか。

それは、見てくださる人の反応を見て、喜んでもらえていると確信を掴んだ時に快感を覚えているからこうしてブログを書くことができるのです。

このブログを開設して1ヶ月半経ちましたが、検索エンジンからの流入が大部分を占めるようになりました。

ブログを書く瞬間は好きではないですが、SNSなどでシェアしてくださる人がいたり、見てくださる人が増えたり、滞在時間が増えたのを確認したときに

「書いてよかった!」

と思うのです。

コピーライティングで意識すべきこと

僕は“書く”ことよりも記事を“読んでもらう”ことにフォーカスしています。

いつもふざけたブログを書いているように見えて、滞在時間やアクセス数が多かった記事の要因を考察し、日々改善を行っているんですよ!(笑)

売上を作るコピーライターが最も意識しないといけないことは、読者の反応をしっかり見て改善することなのです。もっと多くの人にこのブログを役立てて欲しいと思っていることが僕の一番のモチベーションになっています。

 

それでは本題に入ります。

文章力や国語力をフル活用しているライターと売上を作ることを目的としたコピーライターはどこが違うのでしょうか?

ライターとコピーライターの違い

文章力に特化しライターと売上を上げるためのコピーライターはそもそも重要視している点が大きく異なります。

文章力や国語力に特化したライターは全文を読んだときのわかりやすさ最重要視して文章を作成しています。

巧みな表現で読者を文章の世界に引き込む力には脱帽モノです。俳句なんてものすごく技術が必要ですもんね!短い文章で情景を伝えることはとても難しいことなのです。

一方、売上に関係する文章を書くコピーライターは文章を読んでくれない前提で全文を読みたいと思うような文章を書いています。

この違いはどこから来るのでしょうか?

ライター(作家)とコピーライターの目的が全く違う!

ライター(作家)が文章を作成する目的

ライターは主に「文章で説明するよ!」と言わんばかりの媒体の中に存在します。

例えば、雑誌・書籍などです。文章を読みたくないのに雑誌を買うことはまれでしょう。文章を読むと決意した人だけがお金を払い、雑誌を読みます。

コピーライターが文章を書く目的

一方、コピーライターは文章を読むことを覚悟していない人に向けた文章になります。

文を読むことを目的としていないため、「読んでもらう」ことを重要視しなければならないわけです。

例えば、広告チラシ。

顧客側がチラシを求めて購入するという状況は稀でしょう。文章目的ではない状況で文章を読んでもらわなければならないのです。

実際に書かれる文章の違い

ライター(作家や雑誌著者)の文章

”読みやすい”文章とは(文章力と読みやすさを重視したキレイな書き方)

セミナーで10000pvを保証するブログ運営サービスを説明しました。

コピーライターの文章

”読まれやすい”文章とは

10000pvを保証するブログ運営サービスの説明をセミナーで行いました。

単語の順序が異なるだけなのであんまり大きな違いを感じないかもしれませんが、

コピーライターとしては全く違う文章に見えるのです。

読みやすさで言うと、明らかに前者のライターが書いた文章です。

しかし、人間の心理においては後者の方が見てくれる可能性が高いのです。

人間は左から右に視点を動かす傾向があります。

つまり、文中において、左側に目を引く単語を表示した方が文章を読んで貰える可能性が高いのです。

読んでもらうことにフォーカスしたコピーライターは文章の左に目を引く単語を置くことを重要視しています。

 

読みやすい文章=反応率が高い文章ではない

という理由はこの要素になります。

コピーライターは「ここまで読んだ人はこの部分が気になっているはず」ということを考えて文章を構成するのです。

だって、全員読んでくれるかわからないんですもん!

読み手の心にフィットするような文章を書かないと「戻る」ボタンをクリックされちゃいます。

ライター(作家)とコピーライターは土俵が違う

巧みな文章力を駆使するライターのような文章は、お客様の信頼関係が出来上がった状態において効果的です。ターゲットのお客様が身を乗り出してサービスの中身を見たがっているので、読ませる文章をそんなに意識しなくてもいいでしょう。

マーケティングファネル的に言うと、ファネル(上戸)の末端(信頼関係が濃い)に近ければ近いほど、表現力豊かな文章が活用できるのかなと思います。

マーケティングファネルの説明をしている記事をご覧ください。

ファネル(上戸)の入り口付近(信頼関係が薄い)の見込み客に対しては、サービスに全く興味ないところからスタートするので、お客様の反応を気にするコピーライティングの力が必要になってきます。

今回の記事では「ライター:作家や雑誌記者の文章を書く人」,「コピーライター:売上に関係する文章を書く人(例;広告の文章)」という単語が頻繁に登場しています。セールスコピーとコピーライティングという単語の意味をちゃんと詳しく知りたいという人はこちらの記事をご覧ください。

まとめ

文章力や国語力が全く必要ないとは言ってませんからね!

巷ではコピーライティングに文章力や国語力は必要ないと言われていますが、あったほうが良いです。読みやすい文章の方が離脱率(途中で読むのをやめる)は低いですし、お客様に満足していただけます。

ただ注意していただきたいのは、「この単語の意味くらい知っているでしょ。」という考えで文章を書かないようにするということです。

読者が文章を理解するスピードにつまずきが生じたとき、そのつまづきは文章や単語自体ではなく、書き手が意図したものだけにしてください。

例えば、まな板の細菌数は排水口の5倍であることを知っていましたか?

という文章をターゲットが読んだ時に、

「ほんとに!?詳細をクリックしよう。」

という感情の変化によるつまずきだけにしてほしいのです。

感情の起伏を生む文章の方が、読み手側としても心理的負担がなくなります。

読みやすい文章をベースにして、「ここまで読んだ人はどう思っているかな?」という疑問を常に自分に投げかけてください。

文章を読んでいるターゲットはどんな気持ちかを理解した上で読者が能動的に読みたくなる文章を書いてみてください!

せっかくなので、アクセス解析をしながらブログを書いていくことをおすすめします。

続けるとどんどん成果が出るのでモチベーションになりますよ!