「なぜ名古屋にコンテンツマーケティングを支援してくれる会社が少ないんだ!」

東京の会社でコンテンツマーケティングの支援を行ってくれる会社は数多く存在するのに名古屋では言葉の意味さえもほとんど通じません。コンテンツマーケティング、オウンドメディアなどの単語を知っている経営者は本当に珍しい地域なのです。

コンテンツマーケティングが全国的に流行ったのは2014年ごろ。

オウンドメディア検索トレンド引用元: Google Trend

あれからコンテンツマーケティングを取り入れた企業の情報ばかりが検索上位を独占している現代社会。コンテンツマーケティングという手法を活かす方法としてオンラインマガジンのようなオウンドメディアを所有している企業が増えました。情報が遅いと言われる名古屋でも2017年にはいってメディアの所有が増えてき始めています。

Googleアルゴリズムの進化により、検索ユーザーにとって質の高い情報を手に入れることができるようになったてきました。また、信頼度の低い情報を検索上位に上げないように施策が施され、インターネットでの情報に対する信頼度はますます高くなっています。

コンテンツマーケティングがここまで流行った理由として、リスティング広告の費用が高騰してきたということが挙げられます。

3年前から騒がれていたリスティング広告の費用は2017年になっても上がり続ける一方です。今後も継続して高騰する見込みです。

そこで、名古屋の経営者のために「今ならまだ間に合うから早くコンテンツマーケティング導入しないとマズい!」というメッセージを込めてコンテンツマーケティングを支援してくれる会社を探しました。

これから紹介する名古屋のコンテンツマーケティング支援会社はそれぞれ異なった強みのある会社です。名古屋のみの紹介になりますが、是非貴社の事業モデルに合った会社を選んでみてくださいね!

1.メディファンド

引用元: メディファンドposts

日本で唯一の”サイト売却”を視野に入れたオウンドメディア運用サービスを提供しています。リスティング広告の費用が高騰している時代背景の中でオウンドメディアに着手し、広告という効果が出なかったら無駄金になるという概念を覆すサービスです。メディファンドの強みは、とにかく質の高いコンテンツを配信できるライターが揃っていること。集客するための文章を書くコピーライターが代表を努めていることから、ライターの教育制度が緻密に計算されています。所在地は名古屋にありますが、クライアントは関東に多いのが現状です。

【サービス内容】コーポレートサイトとは別にメディアサイトを作成し、サイトの設計時点で売却時のトラブルを防止する設計でメディアを立ち上げます。毎月のコンサルティングはありますが、サイトの運用に関しては完全に任せても大丈夫です。

【会社概要】メディファンド

住所:〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南2-8-28

2.株式会社MEGA-East

株式会社MEGA-East

引用元: 株式会社MEGA-East

ネット通販に特化したサービスを提供しています。ネット通販は、Yahooや楽天に出品し、月々の多額な掲載料を支払うという選択肢かネット広告(主にリスティング)以外にありませんでした。そんな中、インターネット物販をコンテンツマーケティングで行うことが空前のブームになっています。コンテンツマーケティングを率先して取り入れたECショップはバンバン成果を出しています。私もECショップのコンテンツマーケティングは今後も注目しています。「名古屋にもECTAに特化したサービスがあるんだ!」と嬉しい気持ちになってしまいました。

ECサイトは売上に直結するので効果が期待できますね!

【サービス内容】コンサルティング事業から完全運用まで幅広くサービスを展開しております。ただ、どれもECショップに特化したサービスの提供となっております。インターネット物販のノウハウがあるので、流通の面や戦略まで相談に乗ってくれるかと思います。

【会社概要】株式会社MEGA-East

住所:〒452-0815 愛知県名古屋市西区八筋町151-1 ロワジールAsahina105

3.株式会社Room8

Room8

引用元: 主婦に訴求するコンテンツマーケティング

所在地は名古屋からほんの少し外れた勝川です。ほとんど名古屋なので名古屋のくくりでお伝えしました。コワーキングスペースを運営するRoom8さんは自社のブログでコンテンツ配信をしており、コワーキングスペースの集客の集客を成功させています。スマホを頻繁に利用する主婦がターゲットの事業を経営されている場合、利用してみると良いかもしれません。とっても優しいお兄さんが親切にサポートしてくれるでしょう。代表の方はwebだけでなく、マーケティング全般に詳しい方です。web以外の分野で相談してみても良いかもしれません。

【サービス内容】コンサルティングがメインのプランと完全おまかせプランがあります。記事更新の頻度を重要視しているので、成果にコミットしようというサービス設計なのが伝わってきます。

【会社概要】株式会社Room8

住所:〒486-0931 愛知県春日井市松新町1-20 河合ビル3F

4.アライブ株式会社

アライブ株式会社

引用元: アライブ株式会社

創業16年目(2017年時点)の名古屋で上位を争うくらいの老舗ホームページ制作会社です。デザインを売りにしている会社で、webマーケティングも得意としています。コンテンツマーケティングに関しては、HPを制作し、集客できるHPに育てるためのコンサルティング支援を行っております。

【サービス内容】webマーケティングに関しては総合的なサポートを提供している会社です。リスティングなどの広告運用からコンサルティングまでwebマーケティングを包括的にサポートしています。デザインを重視するホームページ屋さんはマーケティングが疎かになりがちなところが多いですが、アライブ株式会社さんは両方を兼ね備えています

【会社概要】アライブ株式会社

住所: 名古屋オフィス名古屋市中区錦1-15-8 アミティエ錦第一ビル2F

5.サイノマーケティング

サイノマーケティング

引用元: サイノマーケティング

支援の方法はコンサルティングがメインです。ホームページに併設されたブログの更新を質の高いコンテンツに変え、集客につなげることを行っています。専門知識が必要な情報はどうしても本人が記事を作成しなければなりません。そんなときはサイノマーケティングにたくさん教えてもらい、お尻を叩かれながらコンテンツ作成の上達を行うと良いかもしれません。自分に甘く、ブログの更新を諦めたり、質を妥協してしまうということが無いようなサポートをしてくれるでしょう。現在ブログの更新は行われていませんが、問い合わせをすれば受け付けてもらえるそうです。

【サービス内容】ホームページの作成とその後の運用をコンサルティングで支援してくれます。私がサイトを見たところ、ムダのないマーケティングが得意な方がやられているんだろうなという認識です。できるだけ費用を抑え、成果を上げたい中小企業にオススメです。コンテンツ作成の能力は今後も一生必要な能力になっていくでしょう。たくさん書いて、たくさん添削してもらってください(笑)

【会社概要】サービスの詳細:https://www.saino.biz/

支援会社を選ぶときのチェックポイント!

1.オシャレすぎるHPを持っている会社は要注意!

コンテンツマーケティングを行う目的はおそらく集客だと思います。ところが、どうしても「カッコイイサイトにしたい」と考えてしまうものです。動きの付いたホームページはやっぱりカッコイイですし、背景に動画が埋め込まれていたら視線を奪いそうです。

しかし、オシャレなサイトはSEO的には全く効果がありません。むしろマイナス面の方が多いのです。

アニメーションを付けるとサイトの表示速度が遅くなり、検索順位を下げる1つの要因になってしまいます。

オシャレさは全く必要ないかと言うとそうではありません。ファッションのECサイトでオシャレに作られているものも多々あり、成果を上げている企業もあります。

事業にとって本当にオシャレでカッコイイサイトである必要はあるのかをもう一度確認して見てください。

ちなみに日本TOPクラスのコンテンツマーケティング支援会社のwebサイトはとてもシンプルで殺風景です(笑)webマーケティングで大きな成果を上げている会社に共通するのは、おしゃれなサイトに全く価値を感じていないことです

「おしゃれなサイトにした方が滞在時間が伸びてアクセスが集まりますよ」なんてセールス文句に引っかからないようにしてくださいね!

名古屋のHP制作会社さん何社かと仲良くさせていただいているのですが、マーケティングに特化した会社とデザインに特化した会社、安さに特化した会社の3パターンに分かれます。また、コンテンツの質に自身のあるライターを確保できる会社は極稀です。

2.コンテンツマーケティングに取り組んでいるか

コンテンツマーケティング支援の会社が自社のメディアを持っていないと言うことは、知識だけ蓄積されたサービスの可能性があります。実際にコンテンツマーケティングをやらないと分からない事もたくさんあります。

キーワード選定をしながらニーズのあるネタを選び、競合が少ないネタに絞り込む作業は何度も記事を更新した人でないとできません。キーワードを見ながら、「ユーザーはどんな情報を求めているのか」を把握しないと行けないのです。

SEO対策が机上の空論で行われている会社は危険です。

ページの上部、中部、下部それぞれに適切な数のSEOキーワードを入れながら文章の構成を行う必要があります。このキーワードの個数は、ユーザーのスクロール量・割合・滞在時間・ページビュー/セッションなどの行動から把握できる評価基準を基に導き出されています。弊社でもコンテンツの作成依頼を外部のライターさんに依頼しているのですが、読みやすく、分かりやすい文章は自然とキーワードが前半に多いというデータがあります。

キーワードの出現比率はSEOチェキで確認できるので、是非自社のサイトと、検索上位のサイトを比較して見てください。

3.運営しているオウンドメディア質は高いか

コンテンツマーケティングを実践している企業であれば、確認すべきポイントはコンテンツの質です。webマーケティングに詳しくない人にとっては難易度が高いかもしれませんが、コンテンツをしっかり読み、分かりやすい文章だったかを確認して見てください。また、最後までスラスラ読みたくなるような説得力のある文章だったかを実際に読んで確認してください。情報と一緒に書かれている”考え方”の部分を見ると、コンテンツマーケティングの能力が分かりやすいです

内容が薄くてつまらないペラッペラのコンテンツだった場合、要注意です。

例えば、名古屋に来たことがない人が「名古屋は優しくて暖かい人が多かった!」と伝えたところで、表面的な部分しか伝えることができない上に、その情報に信頼度はありません。名古屋に長い間住んでいて、地域性、考え方、特有の文化、方言などをしっかり心から理解している人の文章の質の方が自ずとGoogleに評価される文章になるのです。

4.記事の更新をしてくれる人を確認

初めからサイトのコンセプトに合った文章の書き方をする人はいません。ライターそれぞれ表現に癖があったり、こだわりの体裁があったりします。また、ライターは文章を書くことが好きで仕事をしている人が多いため、わかりやすさよりも巧みなうまい表現を使うことを重要視します。コンテンツマーケティングに豊かな表現の技術は悪影響になることがあります。

コンサルティング支援ではなく、コンテンツを作成してくれる会社にオウンドメディアの運用を任せる場合、必ずどんなライターが記事を作成するのかを確認してください。「昔興味があって株式を勉強したことある。実際にやったことはないけどね!」みたいな人が株式投資のコンテンツを作成したところで、文章力があったとしてもペラッペラのコンテンツしか作成できません。実際に現場にいた人が書くコンテンツでないと、安定して検索上位を維持することは難しいでしょう

5.ライターの教育体制をチェック!

初めからサイトのコンセプトに合った文章の書き方をする人はいません。ライターそれぞれ表現に癖があったり、こだわりの体裁があったりします。また、ライターは文章を書くことが好きで仕事をしている人が多いため、わかりやすさよりも巧みなうまい表現を使うことを重要視します。コンテンツマーケティングに豊かな表現の技術は悪影響になることがあります。

文章自体を楽しみに記事を読んでくださる読者はほとんどいません。読者はただ知りたい情報だけを求めてサイトに訪れてきてくれています

弊社ではライターさんに動画とテキスト教材を見てもらい、教育を図っています。文章の添削とコメントを添えてライターさんから頂いた原稿を返送するし、記事の改善を行っています。。はじめの頃は原稿のほとんどが真っ赤になった状態で修正をライターさんに依頼するくらい厳しく指導を行っています。

ちなみに、以下のボタンからメールアドレスを登録すると、弊社がライターさんにお渡ししている教育マニュアルのSEOライティング部分を無料でプレゼントしています。

オウンドメディアの制作から売却まですべてが分かる完全マニュアルダウンロードフォーム

6.キーワード選定をどのように行っているかをチェック!

キーワード選定は狙った検索キーワードで上位表示させるために重要な工程なのです。キーワードからどんなニーズを汲み取り、コンテンツのネタにしたのか。その過程が大事なのです。

キーワードプランナーを使う場合はしっかりと推奨入札価格と検索ボリュームを確認してください。入札価格が高いキーワードは、お客様になりやすい人が検索するキーワードです。もちろん、ライバルが多いキーワードになります。この状況でどうやって勝ち抜いていくかの戦略をしっかり考えてコンテンツ設計を行いましょう!

アクセス解析から、目標(メールマガジン登録ページや販売ページ)までのコンバージョン率などもしっかり把握しておきましょう。どのコンテンツから来たのかを確認し、目標ぺージまでに訪れたページを修正することが大事になってきます。また、どのコンテンツが人気記事になって、流入先はどこかなどもしっかり確認しましょう。

7.最終的な利益を考慮してくれるか

正直、アクセスがあれば売上につながるかというとそうでもない場合があります。例えばエンタメ系のオウンドメディアはアクセス数は集まるけれど売上に繋がりにくいです。かと言って、PV数数が少なくても濃い見込み客の人だけが集まるサイトだと売上は高かったりします。

最終的に販売するものまでの全体的なマーケティングフローを構築し、スムーズな顧客導線を作ってくれる会社かどうかを確認しましょう。「アクセスはあるから売れないのはあなたの責任だ」など言われないように、マーケティングフローの改善に対して真摯に向き合ってくれる会社に依頼しましょう。

見込み客の段階をアップさせるマーケティングフローが必須です。

コンテンツマーケティングにかかる費用

「コンテンツマーケティングを依頼する会社はわかった。大体費用はいくらかかるの?」と心配になることでしょう。

それもそのはず。料金は基本的にweb上には掲載していない会社がほとんどなんです。

電話や面談をするときに料金を提示されることがほとんど。そのときにびっくりしないように大体の相場をお伝えします。

コンテンツマーケティングのコンサル支援にかかる費用はピンきりなのですが、半年で数百万円単位です。

記事を完全に外注して、オウンドメディアの運用を任せる場合は、1ヶ月50万円が相場です。2年間の運用で1000万円かけている企業も数社耳にしたことがあります。名古屋だとコンテンツマーケティングの導入企業がまだ少ないため、相場は低めです。

自社でオウンドメディアの運用をする場合は、最低3名をつきっきりで必要とするため、人件費換算すると1ヶ月90万円かかることになります。(月の報酬30万円の従業員がメディアの運用を行う場合)

その分だけ効果が出ないリスクは低いし、広告費を削減することができます。オウンドメディアの費用対効果はリスティング広告の20倍と言われているくらいなので安く感じるのかもしれませんね!

名古屋のコンテンツマーケティング支援企業が少ない理由

今回お伝えした名古屋周辺でコンテンツマーケティング支援を行っている会社は5社。なぜ5社しか紹介しなかったのかと言うと、そもそも名古屋でコンテンツマーケティングを推進している企業が少ないんです。

名古屋の悪口を言うつもりはありませんが、競争が始まった時に「隣の人がスタートしてから自分もスタートしよう」という考え方が多いのです。コンテンツマーケティングで成果が出るまでにはものすごく時間がかかるので、周りの人が成果を出したのを確認してから動くけど、隣の人も周りを確認してからじゃないと動かないから名古屋全体でコンテンツマーケティングが発展しないという自体に陥っています。

コンテンツマーケティングが日本で流行った約3年前にコンテンツマーケティングの導入を始めた企業は大きな成果を上げ、現在では知りたい情報を検索した時に検索上位に掲載されているほとんどのサイトがコンテンツマーケティングの導入を行っている企業です。

情報が拡散し易いインターネットマーケティングの世界ではいち早く新しいマーケティング取り入れないと成果を出すことが難しくなります。すでにはじめた時には勝てないライバルが大勢いる状態になってしまいます。

https://ripple-webmarketing.com/ownedmediap-registration

名古屋なら、まだ間に合います。

リスティング広告の費用が高騰した今の現実をしっかり見つめ、失敗のリスクが少ないwebマーケティングに取り組んでいきましょう。

下記にオウンドメディアの制作をしてくれるサービスの案内が掲載されています。”売却できるオウンドメディア構築”は弊社メディファンドしか行っておりません。