これまで多くの方からいいね!を頂いております。

運営しているサイトの掲載順位を上げるために、SEO対策としてできることを調べているなかで「コンテンツSEO」という言葉を目にしたことはありませんか?被リンク数を増やす外部施策や、タイトルやタグなどの設定を見直す内部施策以外に、いま注目を集めているSEO対策が、サイトのコンテンツを充実させることで掲載順位の上昇を目指す「コンテンツSEO」です。
コンテンツの充実を図ることと、掲載順位を上げることは直結しないように感じる人もいるでしょう。たしかに以前は、コンテンツの充実よりも手早く掲載順位を上げる方法がたくさんあり、その方が効率的でした。しかし、検索エンジンであるGoogleのアルゴリズムは日々進化し、小手先だけのSEO対策は通用しなくなってきています。SEO対策とは関係ないように思えるコンテンツの充実こそが掲載順位を上げる近道となる時代がやってきているのです。
そこで今回は、いま注目を集めている「コンテンツSEO」がどんなもので、どれくらい効果があるのかをお伝えしています。

コンテンツSEOとは?

seo-brockコンテンツSEOは、サイトでクオリティの高いコンテンツを提供することで、自然検索による集客、もしくはソーシャルメディアからの流入を増やすことを目的として実施するSEO対策です。検索結果の画面に表示されて、ユーザーがサイトに訪問する都度、費用が発生してしまうリスティング広告とは異なり、自然検索によってサイトを訪問してくれる人を増やすので、クオリティの高いコンテンツさえ作成できれば、継続的にサイトへの集客が可能になるという、費用対効果のいいWEB集客の手法といえます。
SEO対策というと、被リンク数を増やす外部施策や、サイトのタイトルの付け方やキーワードの盛り込み方、タグの設定などを見直す内部施策が有名です。そのため、充実したコンテンツを作ることがサイトを構築するうえで重要であることは理解していても、それはSEO対策とは呼ばないのでは?と思う人がいるのも当然のことです。SEO対策は、一般的に知られている外部施策や内部施策だけを指しているわけではありません。質の高いコンテンツを作ることも大きなSEO効果を発揮する理由については、後述していきます。

コンテンツSEOが注目されるようになった理由

rupe-skySEOとは、検索エンジン最適化を意味した言葉です。検索エンジンを利用して特定のキーワードを検索した際に、自然検索の結果として運営するサイトを上位に掲載するために行なう対策です。以前は、外部施策や内部施策を行うことで掲載順位が大幅にアップしていたため、SEO対策の主流は、被リンク数を増やすことだったり、サイトの内部を見直したりといった施策をとることでした。
しかし、掲載順位の上昇だけを目的としたリンクの売買や、不自然なコピーサイトなどが横行するようになったことで、Googleの検索エンジンのアルゴリズムは大幅にアップデートされ、こういった不正行為に対し、ペナルティを課すようになりました。そのため、検索エンジンをだますような施策は、掲載順位を上げるどころか、ペナルティによって検索結果に表示されないといった事態に陥ることにつながるという認識が広がりました。

自然検索での掲載順位を上げる以外に、サイトへの流入を増やす手段としては、自然検索の結果より上位に掲載させることができる「リスティング広告」があります。リスティング広告は、費用とかければ検索結果画面に表示させることができるので、アルゴリズムの変動が激しく、掲載順位を操作することが難しいSEO対策より確実性があります。そのため、即効性を求めるサイトの運営者は、サイトのSEO対策をする一方で、リスティング広告を併用していました。しかし、リスティング広告を活用する広告主が増え、広告を表示させるためには、高額な費用が必要となった結果、リスティング広告は費用対効果がいいとは言えない媒体になってしまいました。さらに、ユーザーは、検索結果の上部に表示されているのが広告であることに気づき、商品やサービスを宣伝するだけのサイトをクリックすることを控えるようになってしまいました。
その結果、やはり自然検索の上位に掲載されなければサイトの流入は増やせないという現実を目の当たりにすることになりました。そこで、注目を集めるようになったのが、サイトのコンテンツを充実させるという、サイト作りの根本に立ち返った「コンテンツSEO」という手法だったのです。

コンテンツSEOを実施することのメリット

merit-seoSEO対策の手法として注目を集めている「コンテンツSEO」は、クオリティの高いコンテンツを作り込んでいくので、効果として期待できるのは、検索順位が上位に表示されるというSEO対策の効果だけではありません。コンテンツSEOを実施するメリットには次のようなものがあります。

  • 質の高いコンテンツがサイト内に蓄積される
  • サイトとしてのクオリティも上がる
  • 質の固いコンテンツを求めるユーザーがサイトの固定客になる
  • 固定客からのSNSによる拡散が期待できる
  • 拡散によって、作為的ではない被リンクが増える
  • 自然とサイトへの流入が増える
  • Googleからの高評価を得て、自然検索の掲載順位が上がる

このように、質の高いコンテンツをサイトに蓄積していくことで、リンクを購入したり、被リンクを増やすためだけの粗悪なサイトを作成したりすることなく、掲載順位を上げて、サイトへの流入を増やすことが可能になるのです。
ここで疑問に感じるのが、これだけメリットがあるのに、なぜ今まで注目を集めてこなかったのかという点です。しかし、その理由は明確です。「質の高いコンテンツはそう簡単には作れない」からです。サイトを運営するうえで、できる限り良質なコンテンツを提供しようとするのは、サイト運営者として当然の考えです。質の高いコンテンツを作ったつもりでも、掲載順位が上がらなかったり、サイトへの流入が増えなかったりしたことで、なんとか自然検索で掲載順位を上げることができないかと模索した結果、実施したのが前述した被リンク数を増やす外部施策や、タイトルやタグの設定などを見直す内部施策でした。いつからか、コンテンツの質を高くすることよりも、細かい施策をすることに重点が置かれるようになってしまっていたのです。

SEO対策として有効なコンテンツの基準

good「質の高いコンテンツ」と、言葉にするのは簡単ですが、実際にはどのようなコンテンツが、質が高いと判断されるのでしょうか。SEO対策として効果的なコンテンツの質は、検索エンジンによって評価されることになります。ただし、検索エンジンに評価してもらうことを目的にコンテンツを作る必要はありません。Googleは、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」において、基本方針を次のように記載しています。

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

【引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
検索エンジンは、ユーザーの利便性がいいかどうかや、ユーザーにとって役立つ情報を提供しているサイトかどうかなど、ユーザー目線でサイトを評価するという基本方針に基づいたアルゴリズムで作られています。検索エンジンに評価されたいと考えるのであれば、ユーザー目線に立ったサイト作りをすることが一番の近道です。
Googleの検索エンジンが、基本方針に基づいて、質が高いコンテンツであると判断する基準には次のようなものがあります。

  • ユーザーが信頼できるコンテンツ
  • オリジナリティのあるコンテンツ
  • ユーザーが求めている情報を提供しているコンテンツ
  • 内容が充実しているコンテンツ
  • ユーザーが読みやすいように工夫されているコンテンツ

SEOで重要視されている質の高いコンテンツ5つの基準とは?
ユーザーの目線に立ち、ユーザーが安心して読むことのできる信頼性の高い内容を、独自の情報を盛り込んで伝えているコンテンツを作ることが重要といえます。

SEO対策となるコンテンツの作り方

how-to-makeSEO対策効果のある質の高いコンテンツの方向性はみえても、どのようにとりかかったらいいか分からない場合には、次の手順で作成することをおすすめします。必ずしもこのやり方でなければ効果がでないという方法ではありませんので、参考にしてください。

テーマや方向性を決める

まずは、コンテンツを作成していくにあたり、運営するサイトにどのようなユーザーを流入させたいかを考えましょう。サイトに訪問してくれるユーザーは見込み客となります。見込み客を固定客もしくは既存顧客にしていくためには、見込み客が必要としている情報を定期的に提供していくことが重要です。ユーザーに質の高いコンテンツをコンスタントに提供し続けることができるテーマを設定しましょう。ただし、コンスタントに情報を提供することに意識が行き過ぎて、内容の薄いコンテンツを増やしては意味がありません。コンテンツの作成を始める前に、更新頻度や作成するコンテンツの方向性について、無理のない作成計画を立て、じっくりと取り組みましょう。

テーマや方向性を決める基準

  • 運営するサイトの見込み顧客が情報を必要としている分野
  • コンスタントに情報を発信できるテーマ
  • 複製や引用だけでなく、独自性のあるコンテンツを作ることができるもの

キーワードを決める

方向性が固まったら、次にSEO対策をするキーワードを決めます。キーワードについては、コンテンツSEOを実施するより以前に、SEO対策をしたいキーワードが決まっている場合もあります。しかし、そのキーワードに対するSEO対策を行なっていても、掲載順位が上がらなかったり、サイトへの流入数が思うように増えていなかったりするのであれば、キーワードの見直しをするいい機会です。せっかく質の高い新しいコンテンツを作成するのであれば、対策をするキーワードについても今一度考え直してみてはいかがでしょうか。
キーワードを決める手順として、まずは施策のメインとなる単一のキーワードを設定します。このキーワードは、運営しているサイトを訪問してほしいユーザーが検索しそうなキーワードにすることが重要です。ユーザーがキーワードを検索して、これから発信していく質の高いコンテンツにたどり着いてくれることをイメージして設定しましょう。単一のキーワードは、検索ボリュームがある程度大きいビッグワードになる可能性が高いです。競合他社も同じキーワードに対してSEO対策を行なっているので、掲載順位を上げることは容易ではありません。
そこで重要になってくるのが複合キーワードです。メインとなるキーワードが決まったら、次はそのキーワードにもう一語あるいは二語加えた複合キーワードを設定します。複合キーワードになると、検索ボリュームは一気に抑えられ、SEO対策をしている競合の数も減少します。キーワードを検索したユーザーのニーズに合致する情報を提供できれば、自ずと効果的なSEO対策となっていきます。
複合キーワードの候補を洗い出す方法には次のようなものがあります。

検索窓にキーワードを入力してみる

Googleなどの検索エンジンの検索窓にキーワードを入力すると、その下に複数のキーワード候補が現れるのを目にしたことはありませんか?この検索キーワードの候補を「サジェスト」と呼びます。サジェストは、検索したキーワードに関連する語句を随時予測して提案してくれる機能です。入力の途中でサジェストが表示され、その中に検索しようと思っていた内容のものがあれば、ユーザーは入力を最後まで行わずに、表示された候補のなかからキーワードを選択します。そのため、サジェストに表示される複合キーワードは、複合キーワードのなかでも検索される可能性が高いものといえます。
同じ複合キーワードを選ぶのであれば、少しでも検索される可能性の高いキーワードを選びたいところです。自社の運営するサイトやこれから作成するコンテンツとの方向性が合わない場合は別ですが、サジェストを設定することで一定数の検索は確保できると考えることができます。

「Googleキーワードプランナー」を使う

https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner
Googleのキーワードプランナーは、リスティング広告などインターネット広告を出稿するときに使う「Google Adwords」に付随しているツールのひとつです。キーワードの検索頻度や検索ボリュームを調べることができるだけでなく、サイトに掲載されている商品やサービスに関連するキーワードを提案してくれます。自分1人で考えていると、どうしても見落としてしまう部分がでてきます。自分でキーワードに広がりがなくなってしまった場合には、キーワードプランナーの力を借りて、新しいキーワードについて考えてみるのも有効な手段のひとつです。

「goodkeyword」を使う

https://goodkeyword.net/
「goodkeyword」は、キーワードを入力するだけで、「Google」「Yahoo」「Bing」の3つの検索サイトで検索される関連キーワードを一括で調べることができるツールです。特定のキーワードに関連するフレーズを知ることができるので、これまで考えてもみなかったキーワードの候補を知ることにつながります。新たな候補の発見は、複合キーワードを設定する際のヒントとなります。さまざまなキーワードを入力して試してみましょう。

競合サイトの情報を調査する

対策をするキーワードが決まったら、実際にそのキーワードを検索窓に入力してみましょう。同じキーワードでSEO対策をしていると考えられる競合他社のサイトが上位に掲載されているはずです。検索結果の1ページ目に掲載されているサイトの中身をチェックすることで、どのようなサイトが上位掲載されるのかを知ることができます。
しかし、この段階で競合するサイトを確認する本当の目的は、上位掲載されている理由を探ることではありません。キーワードに関連する内容のなかでも、競合他社のサイトには掲載されていないことがないかを確認することが目的となります。質の高いオリジナルのコンテンツを提供するためには、すでに他のサイトに掲載されている内容をまねて作成しても意味がありません。他のサイトが書き漏れていること、他のサイトでは書けないような専門性のある情報を提供することで、独自性のある質の高いコンテンツという評価を受けることができるのです。

競合サイトの内容とかぶらないオリジナルのコンテンツを作成する

競合のサイトのチェックをしたところで見えてきた、他のサイトには記載されていない情報を盛り込んだコンテンツを作成していきます。この段階でもユーザー目線でコンテンツを作成するという意識を忘れてはいけません。読み手となるユーザーが途中でサイトから離脱しないような構成にすることが大切です。次のようなポイントを意識すると、ユーザーが最後まで読んでくれる可能性は高くなります。

  • 序盤で読み手の共感を得る
  • 他のサイトでは得られない解決策がある
  • 解決策の理由が述べられている
  • 商品やサービスの宣伝に特化しない

宣伝の要素が強いコンテンツは、どれだけ内容を充実させても、商品やサービスに誘導するための手段を受け取られ、コンテンツの信頼度が下がります。コンテンツSEOの目的は宣伝ではありません。サイトの訪問者を増やし、見込み客に育てていくためには、信頼度の下がる広告の要素は極力取り除きましょう。

コンテンツSEOの効果測定

rising-glafコンテンツSEOは、何をもって成果をするかという基準が明確ではないため、成果が見えづらいという問題点があります。また、コンテンツを作成したらすぐに成果が現れるような即効性のある対策ではないので、成果があったかどうかの判断をするのに数ヶ月単位の時間を必要とします。効果がなかったと、早々に判断することなく、継続していくことが重要です。
とはいえ、効果があるかどうかわからないまま、コンテンツの作成を続けていくのは不安なことも事実です。成果が出たかどうかの判断をすぐに下すことはできませんが、作成したコンテンツの効果が出ているかどうか、効果がでていないとすれば、どこに問題が潜んでいるのかを分析して、少しずつ方向修正することは短いスパンでも可能です。
効果測定の基準となるのは次のような項目です。

設定したキーワード(単一、複合キーワード含む)の掲載順位

掲載順位が高いもしくは掲載順位が上昇傾向にあるキーワードがあれば、そのキーワードに近いものを追加して計測してみましょう。それらのキーワードでもサイトへ流入していることが確認できれば、新たに作るコンテンツにキーワードを追加することで新たなユーザーにアプローチすることができます。これまで見落としていたところからの流入を増やすきっかけになります。

外部サイトからの被リンク

自社には外部施策を実施していないのに、被リンクが増えているということは、ユーザーが良質なサイトと認識して、リンクを設定してくれているということです。どのようなサイトにリンクが貼られているのかを確認することで、どのようなユーザーに高評価を得ているのかを判断することができます。

サイトへの滞在時間

サイトへの流入数が増えても、直帰率が高いコンテンツはユーザーのニーズと合致しているとはいえません。訪問したユーザーが求めていた情報を提供できていなかったと考えることができます。その場合には、ターゲットとしたユーザー層が間違っているのか、コンテンツ側の導線がうまくできていないのかを判断する必要があります。ターゲットが間違っていると考えられるときには、まったく違ったキーワードでチャレンジしてみるという選択肢も加えてみましょう。
コンテンツSEOの成果は、このような細かい分析を重ねて、日々改善を加えていくことで、徐々に目に見える形となっていきます。掲載順位が上がらないという一点だけで、止めるという決断をしないようにしましょう。

さて今回は、コンテンツSEOが注目を集めている理由とその効果についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。成果が目に見えづらいコンテンツSEOですが、質の高いコンテンツを作ろうという意識のもとで作成したコンテンツは、決して無駄にはなりません。オリジナルの情報を多く盛り込んだそれらのコンテンツは、運営するサイトの財産として蓄積されていきます。作成した時点ではサイトの流入者数増加の役割を果たすことができなかったとしても、そのコンテンツを必要としている人たちの間でじわじわと浸透することに成功すれば、後々大きなSEOの成果として花開くことも考えられます。
掲載順位が上がらずに、めげそうになることもあると思いますが、継続することに意味がある施策であるという意識を強く持って取り組みましょう。

まとめ

他者にはまねできない独自性のある情報を必要としているユーザーに届けよう

  • 質の高いコンテンツを提供し続ける「コンテンツSEO」
  • 検索エンジンではなくユーザー目線を意識したコンテンツ作りが重要
  • 独自性のあるコンテンツを作ることができるテーマやキーワードを設定する
  • 検索順位を上げることだけがSEOではない
  • コンテンツSEOは改善を加えながら、継続することに意味がある

情報を見てほしい対象は検索エンジンではありません。掲載順位を意識し過ぎると、結果的に検索エンジンのことばかりを考えたユーザーのニーズを無視したコンテンツばかりが増えてしまいます。情報を必要としているユーザーに見てほしいと思えるコンテンツを作ることが、自然とSEO対策につながっていくと考えて、良質なコンテンツを増やしていきましょう。

これまで多くの方からいいね!を頂いております。