これまで多くの方からいいね!を頂いております。

キーワード検索をしたとき、リスティング広告でもないのに、キーワードの解説した辞書のようなものが検索結果より上に表示されることがありますよね。キーワードの意味について調べようとしているときには、広告の中身を覗いたり、検索結果のなかから詳しく説明されていそうなページを探すよりも、手っ取り早くその答えを知ることができるので、無意識のうちにクリックしている人も多いでしょう。

SEO対策をして検索結果の上位に表示されるよりも、上位に表示されているこのキーワードの意味を解説している辞書のようなコンテンツの正体は、WEBサイトの運営に携わる者としては気になりますよね。

そこで今回は、検索結果よりも上位に表示される「強調スニペット」の正体や仕組みについてお伝えしていきます。

強調スニペットとは?

questionキーワード検索をする際に、「〇〇とは」や「〇〇 意味」などと、検索エンジンに対して言葉の意味を聞いたり、質問を投げかけることがありますよね。そういったユーザーの質問に対する答えとなるWEBサイトを検索結果よりも上部に表示する仕組みを「強調スニペット」と呼びます。

例えば、ここまでの内容を読んで、「強調スニペット」の「スニペット」ってなんだ?と疑問に思った人が、検索エンジンを使って「スニペット 意味」と検索したとします。すると、検索結果の画面には次のように表示されます。

snippet-mean

入力された「スニペット 意味」というキーワードから、ユーザーがスニペットの意味を知りたがっているというニーズをくみ取った検索エンジンが、その回答となるスニペットの意味を解説しているコンテンツを強調して紹介してくれます。
WEBサイトを運営している人がSEO対策をして、なんとか上位に表示させようと試行錯誤しているオーガニック検索結果よりもさらに上部に表示されるこの枠は、誰もがその座を狙いたい憧れの枠です。

強調スニペットの種類

type強調スニペットをよく見かけるのは、言葉の意味を調べているときだという人も多いでしょう。私も言葉の意味を知りたいときに、強調スニペットに表示されているWEBサイトを参照することが多いので、辞書機能のように感じていたのですが、実は強調スニペットの種類はそれだけではありません。他にはどんな種類があるのでしょうか。

文章で言葉の意味を解説する辞書タイプ

前述した「スニペット」の例のとおり、言葉の意味について、文章で説明しているWEBサイトの一部を抜粋して掲載したものです。言葉が指しているものの画像が掲載されることもあります。

リスト(手順)タイプ

方法や手順について尋ねるタイプのキーワードを入力したときに表示されるのが、リスト(手順)タイプです。手順を知りたい人に、手順が書いてあるコンテンツの一部を見せることで、必要としている情報が掲載されていることを知らせます。「Google アカウント作成方法」と検索すると、次のような強調スニペットが表示されます。

tejun-image

表タイプ

「〇〇 料金」や「〇〇相場」など、金額に関するキーワードで検索するとよく表示されるのが表タイプの強調スニペットです。検索結果のなかから、一覧表が掲載されていそうなWEBサイトを探す手間が省けます。「夜行バス 料金」で検索すると、下の画像のように夜行バスの最安値情報と、比較サイトのURLが紹介されました。

list-type

どうやったら強調スニペットに選ばれる?

forked-roadオーガニック検索の検索結果よりも上位に表示されるのであれば、SEO対策よりも優先して強調スニペットに掲載される施策に取り組みたいと考えるのは当然の流れです。意図的に強調スニペットに掲載する方法はあるのでしょうか。

強調スニペットに設定する方法はある?

結論から言うと、自分自身で強調スニペットに設定する方法はありません。Googleも「自分のページを強調スニペットとして設定できますか?」という質問に対して、公式見解として次ように回答しています。

ご自分のページを強調スニペットとして設定することはできません。Google では、ユーザーの質問に対する回答がページに含まれていることをプログラムで判断し、その結果を強調スニペットとして表示します。

【引用元:Search Console ヘルプ|検索結果での強調スニペット

強調スニペットに掲載されるWEBサイトは、検索エンジンに、ユーザーの質問に対して回答できている内容が掲載されていると判断される必要があります。そのため、質問とその回答が掲載されるQ&A形式のコンテンツを作成すると、採用される可能性は高くなります。ただし、こうすれば強調スニペットに採用される!と言い切れるコンテンツはありません。SEO対策同様、試行錯誤が必要になることは心得ておきましょう。

さて、今回は、広告費を払って掲載するリスティング広告や、SEO対策をして上位を狙うオーガニック検索の結果より上位に表示される「強調スニペット」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

検索結果より上位に表示されることにより、WEBサイトの訪問者を画期的に増やすことができるため、強調スニペットに掲載されることを狙ったコンテンツを作る施策も増えてきました。SEEO対策だけではうまく効果がでないときには、施策のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

強調スニペットは、SEO以上にサイト訪問者を増やす施策のひとつ

  • オーガニック検索結果よりも上部に表示される枠を「強調スニペット」という
  • 強調スニペットは、検索したキーワードが意図する質問に対する回答に誘導してくれる
  • 強調スニペットに掲載されるには、検索エンジンに選ばれるしかない
  • Q&A形式のコンテンツを作成すると、強調スニペットに採用される可能性がでてくる

自分が検索したいことを先読みして、回答が掲載されているWEBサイトを教えてくれる強調スニペットは、ユーザーの利便性を最大限に考えた機能といえます。コンテンツを制作する側も、ユーザーが求めている情報を提供できるコンテンツを生み出し、ユーザーのニーズに応えていきたいですね。

 

これまで多くの方からいいね!を頂いております。