これまで多くの方からいいね!を頂いております。
  • たくさん記事を書いてるのに検索からのアクセスが増えない!
  • アンカーテキストリンクってよく聞くけど難しそう
  • SEO対策に沿った外部リンクの貼り方を知りたい
  • 本文の重要部分は下線「 」を使っている

そんな人にピッタリな内容をお伝えします。

記事中に外部リンクを挿入する際にはアンカーテキストリンクを設定する必要があります。

外部リンクとは、自分のサイト以外のリンクのことです。対して、同じドメインのページリンクを内部リンクといいます。

実はアンカーテキストリンクの設定はものすごく簡単で、すでにやっている人ばかりかもしれません。

しかし、やり方よりも知らなくてはならないとある決まりがあるんです。

アンカーテキストリンクとは?

アンカーテキストリンクとは、Webサイトの文字部分にリンクを貼り付けられたものです。

簡単に言うと、文字にリンクを貼り付けたものです。

こんな感じで文字に下線が引いてある部分をクリックしたらページが移動するよく見るやつです。

SEO対策におけるメリット

無料ブログでも簡単にできるので是非今回を機に覚えてもらえたらと思います。

 

SEOのアルゴリズムは大切にしている基準があります。

それは

「ユーザーが見やすい有意義な情報が掲載されているサイトを優先的に検索上位に表示する」

というものです。

 

この揺るぎない基準に則った場合、

URLをサイトに直接貼り付けなくても、文字にリンク貼ったほうがユーザーにとってシンプルで分かりやすいやろ。

というSEO対策が見えてくるんです。

URLを直接掲載すると・・・

WebサイトないでURLを直接掲載したリンクを掲載すると、以下のように表示されます。

わざわざURLを掲載しなくても、「原田のサービス」をクリックして別ページに飛ぶほうがシンプルで簡略化されてますよね。

URLの文字自体は全く持って価値ある情報ではありません。

アンカーテキストリンクを貼り付けてみた【動画解説】

アンカーテキストリンクの貼り方

1.テキストをアクティブにしてクリップマークをクリック

まず、テキストをアクティブにします。

そのあと、ワードプレスの場合はテキスト記入欄の上部にあるクリップマークをクリックします。

 

2.URLを記入して歯車マークをクリック

3.「リンクを新しいタブで開く 」をチェック

「リンクを新しいタブで開く 」をチェックすると、ブログ記事内のリンクを押した場合新しいタブで記事が開きます。

同じタブで外部サイトに行った場合、戻るボタンをクリックしないと元のページに戻れません。

もしも外部サイト先に読者の集中力を割いてしまうエッチな画像があったらどうでしょう?

僕なら今まで求めていた情報を忘れてエッチな画像を見てしまいそうです。

 

この設定は離脱率低下に大きく貢献します。

リンク先が自分のサイトだったらまだしも、完全に別のサイトのURLを貼り付けている場合は必ずチェックを入れましょう!

4.右下の「リンクを追加」をクリック

これでアンカーテキストリンクの設定を完了です。

 

リンク先に関与したくない場合は「rel=”nofollow”」

どんなときにこのテクニック使うかというと、リンク先が見れなくなってしまっている場合です。

読者は自分が知りたいと思った情報を追いかけます。リンク先をクリックしてそのサイトが見れないとなると残念ですよね。

SEOのアルゴリズム的にも、無効な外部リンクが多いサイトを嫌います。

ユーザーにとって有益な情報を提供していないということになるからです。

 

HTMLタグを見ると、通常のアンカーテキストリンクはこんな感じになってます。

このコードを

<a href=”リンク先のURL” rel=”nofollow”>文章</a>

のように少し変換すると、

という形になり、

「自分のサイトとクリックしたら飛ぶサイトは無関係ですよ!」

とGoogleに伝えることになります。

ワードプレスの場合

ワードプレスをご利用の場合はクリップマークを押した後、右端の歯車マークをクリックします。

 

「 Add rel=”nofollow” to link」にチェックを入れます。

これで簡単に「rel=”nofollow”」が設定できます!

 

無効なリンクを自動的に検出するプラグイン

たくさんブログを更新しているがゆえに

「いちいち無効なリンクかどうか探すのがめんどくせーよ」

と思っている人に朗報です。

めんどくさがり屋さんのためにワードプレスではプラグインが使えるんです。

  • 無効なリンクを手作業で探さなくていい!
  • 上記でお話した「rel=”nofollow”」タグを自分でつけなくても自動でやってくれる!

「rel=”nofollow”」を自動的に行なってくれるプラグイン⇛WP Nofollow Post

頑張って記事を更新している人はしっかりと成果に繋がてほしいので是非このプラグインを使ってほしいです!

 

アンカーテキストリンクを貼るときの4つの注意点

1.リンクの上下に「↓↓↓↓↓↓↓↓」などの誘導をしない

「↓↓↓↓↓↓↓↓」には何も有益な情報はありませんし、強引なリンク誘導と受け取られかねません。

使いすぎはNGです。

2.「〇〇はこちら」という文言でURLへ誘導しない

SEOに関する基本情報はこちら⇛これだけは覚えて!ずっと変わらないSEOアルゴリズムの仕組み

みたいな感じでしなくても、

SEOに関する基本情報はこちら

で十分です。

後者の表記の方がムダな情報が少ないですよね。

 

目指すはシンプルで分かりやすいサイトです!

 

3.リンク先と関係ない文言にアンカーテキストリンクを設置しない

まず、下記のアンカーテキストリンクをクリックしてください。

100発100中!絶対に茶柱を立てるお茶のいれ方

 

 

 

 

期待はずれだったでしょ。

幸運を呼ぶおまじないを知れるかと思ったら、男臭いラーメン屋のお話ブログに飛んだかと思います。

こんなイタズラはやめましょうね!検索順位が下がる原因になります!

 

4.本文中にアンダーバーを使わない

とりあえず、下の文章をクリックしてください。

メリットとベネフィットの意味の違いって?説明文が一気に生まれ変わる3ステップ!

 

 

 

 

 

残念!緑色の文字に下線を引いただけでした!

 

このように、本文中に下線を惹くことで読者の混乱を招きます。

本文中の下線問題はSEOの問題というより、「ややこしいことはするな」ということで覚えておいてください。

アンカーテキストリンクは自動的に文章にアンダーバーが引かれます。

「アンダーバー」=「クリックできる」

というイメージのある人にとって紛らわしいことこの上ありません。

重要な部分は、太字・文字サイズ文字色背景色で目立たせましょう。

アンカーテキストリンク以外にもやってはいけないSEO対策がいくつかあります。

まとめ

「読者にとって有意義なブログを書きましょうね!」

と巷ではよく言われていますが、実際に何が読者にとっていいのかわからないものです。

だからSEO対策のノウハウがそこらじゅうに溢れかえってるんです。

 

「SEO対策対策的に効果があるかどうか」視点で考えていては、1日で約2回変更されているSEOアルゴリズムを全て覚えなくてはなりません。

SEO対策の情報を仕入れる前に少しでも読者が読みやすいブログとは何かを自分なりに考えてみることが大切です。

読者の気持ちを考えたブログは心に染みます。