これまで多くの方からいいね!を頂いております。

Googleアルゴリズムとは

SEO対策を行うにはGoogleアルゴリズムの理解が必要になります。

SEO対策とは、検索順位を上げるための施策のことを指します。Googleアルゴリズムはページの検索順位決める公式のことを指します。様々な評価項目を数値化した情報を基に、検索順位を決定します。つまり、Googleアルゴリズムが検索順位の規則を持っているということです。

現代のGoogleアルゴリズムはとても精度が高く、情報の信頼性、著者、コンテンツの読みやすさ、情報の希少度までを評価の項目にします。しかし、かつては現在ほど精度の高いアルゴリズムではありませんでした。

Googleアルゴリズムの歴史

タイトルのキーワード最優先時代~初期~

かつてはページのタイトルにキーワードが入っているかどうかが最も重要な評価基準でした。

検索上位表示を狙うために、タイトルに検索キーワードを無理やり入れ、ページの中身と全く関係ないページが上位に表示されていました。

そういった自己都合のサイトが多く現れたため、ページ内の文章をGoogleアルゴリズムの基準としました。

ページ内の文章内キーワードで検索順位を決める時代

しかし、ページ内にSEOキーワードを数多く含め、ユーザーにとって読みにくいサイトを作る人が現れました。その後、数多くのGoogleアルゴリズムアップデートを繰り返し、2016年には1年間で数百回以上のアップデートが行われています。

現代のGoogleアルゴリズム

かつてのアルゴリズムは評価基準が単純で、悪意のあるSEO対策を行うことが容易でした。増加する悪徳SEO対策業社に対抗して現在のGoogleアルゴリズムは細かい評価項目を設けています。

すべて、Googleが求めている“ユーザーファースト”が原点です。評価項目と同時に、どういった意図で評価基準が設けられているのかを理解しながら読み進めてください。

 

弊社ではSEO対策ツールを用いて10万ページ以上の検索順位の変動を基に最新のGoogleアルゴリズムの評価項目を取得しています。

下記の評価項目を基に貴社サイトのSEO対策を行ってみてください。

キーワード

メタキーワード内の単語数

メタキーワード内のキーワード数

メタディスクリプション内のキーワード数

H1タグ内のキーワードの数

H1タグ内のキーワードの出現位置

H2タグ内のキーワードの数

H2タグ内のキーワードの出現位置

H3タグ内のキーワードの数

H4タグ内のキーワードの数

単一キーワードの出現率

2単語からなる複合キーワードの出現率

3単語からなる複合キーワードの出現率

キーワードのソース内の出現位置

Yahoo!関連キーワードのチェック

Google関連キーワードのチェック

上位サイトキーワード分析

検索キーワード数

検索キーワード数の月間推移

関連キーワードの検索数

ランディングキーワード分析

ロスト&ニューキーワード

 

HTML

タイトルタグ内のキーワード数

タイトルタグ内のキーワードの出現位置

タイトルタグ内の文字数

タイトルタグの数

タイトルタグ内にコメント

メタキーワードタグの数

メタディスクリプション内の文字数

メタディスクリプションタグの数

メタ文字コード指定の数

DOCTYPE宣言の有無

XML宣言の位置

XML宣言の数

クローラーを制御する記述(メタ)

クローラーを制御する記述(robots.txt)

スタイルシートの記述

JavaSriptとnoscript

URLの正規化

メタリフレッシュ

301リダイレクト

302リダイレクト

H1タグの数

フレーム構造

フレームとnoframeの記述

隠しフレーム

H1タグのソース内の位置

H1タグ内の要素

H1タグ内の文字数

H1タグの順番

H2タグの数

H2タグのソース内の位置

H2タグ内の要素

H2タグ内の文字数

H3タグの数

H3タグ内の文字数

H4タグの数

H4タグ内の文字数

strongタグの数

bタグの数

body内の文字数(alt,title属性などを除く)

alt属性の記述の有無

alt属性の文字数

画像(imgタグ)の個数

閉じコメントの形式

HTML終了タグ

閉じタグの属性

URL内の文字

値のない(空白)タグ

省略語アンカーテキスト

Flash(swf)の有無

ソーシャル

はてなブックマーク登録数

Buzzurlブックマーク登録数

ドメイン取得日

リンク

リンク切れ

サイト内での階層

サイトマップXMLの有無

サイト内リンク

サイト内へ貼られたリンク数

サイト外へ貼られたリンク数

同一URLに対して貼られたリンク数

オーソリティー

キャッシュ日

サイト全体のテーマ性

インデックス数

その他

共起語の含有率比較

Yahoo!の検索順位

Googleの検索順位

ページポテンシャル

関連ページ数

ページマッチ

 

共起語重要度

 

これまで多くの方からいいね!を頂いております。