「まずタイトルから考えよう」が招く3つの危険

キャッチコピーに対して誤解が多いので、

今日でその誤解を解いてくださいね!

広告費を投入してしまってからでは遅いですよ!

目次

「まずタイトルから考えよう」が招く3つの危険を

これからお伝えしますね!

 

1.クリック率低下

タイトルやキャッチコピーを見た瞬間に

「なるほどね」

「そうなんだ」

なんて思われたら、販売ページやブログの

クリック率が下がってしまいます

中身を伝えないキャッチコピーが大事なんです。

ブログのタイトルや広告のキャプション、バナー広告内のキャッチコピーを

見た瞬間に

「気になる~!!」

と思ってもらえたらいいキャッチコピーというわけです。

「このキャッチコピーいいね!」

なんて思ってもらわなくてもいいんです。

 

キャッチコピーが目に入った瞬間に

すぐクリックしてもらうようにしましょう。

そんなキャッチコピーを作成すると

クリック率が増加します。

2.ページ滞在時間低下

販売ページ冒頭のキャッチコピーで内容がすべてわかってしまうと

“戻る”ボタンをクリックされてしまいます。

 

最後までしっかり販売ページの本文を読んでもらうだけで

購買意欲は高まっていきます。

購入後、「こんないい未来が待っている」と想像してもらうには

どうしても本文で動機づけする必要があります。

 

本文をしっかり読んでもらうための文章構成を行いましょう!

3.本文の面白さ低下

TV番組を思い浮かべてほしいのですが、

「バイキング小峠が落とし穴に落ちて「なんて日だ!」と叫びます」

というネタバレキャッチコピーを

番組冒頭で見てしまうと

その先のワクワク感がありませんよね。

 

先にタイトルを考えてしまう→本文の概要になってしまうんです。

概要をキャッチコピーにしてしまうということは

ネタバレキャッチコピーと同じですよね。

 

今回は以上3つの危険を避けるべく、

キャッチコピーの意味をお伝えしています!

 

↓↓動画見てね!↓↓

分かりやすい!と思ったら、チャンネル登録をしてください!
goo.gl

 

「わっかりにくいな~」と思ったらコメントをください!

 

キャッチコピーの使い方はこちらの記事に書いてあります!

2種類のキャッチコピーの使い分け

The following two tabs change content below.
このブログを書いている人は Web集客構築家の原田ゆうきです。 鹿児島出身名古屋在住のガキんちょです。 人を惹きつける文章作成の力を身に着け、理系大学在学中に集客システムの構築・販売ページ作成などのサービスを提供することにより数千万円以上の売上に貢献してきました。 現在クライアントさんの成果発生率100%記録継続中。 暇さえあれば、一人で壁にボールを投げて犬のように遊んでいる。

「いいね!」と思ったらボタンをクリックしてシェアしてね!


オウンドメディア開設後わずか2週間で60万円を回収できた運用ノウハウを詰め込みました

  • 自社で低リスクな資産運用をしたい
  • 年利200%の資産運用をオウンドメディアで達成したい
  • 安定したアクセスを自社媒体に集めたい
  • 広告費を削減したい

売却できるオウンドメディアの作り方をE-BOOKにまとめました

メールマガジン登録者だけに無料配布


カンタンに配信停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です