「お客様 オヤジギャグで 集まらない」2種類のキャッチコピーの使い分け

大手企業が用いているキャッチコピーの例
「暮らし感じる、変えていく。」(P&G
「お金で買えない価値がある」(マスターカード
「「お、ねだん以上。」ニトリ」(ニトリ

うまいこと言いますね~。

そして、こんなキャッチコピーを作ってみたいものですね~。

ここで真実をお伝えします。

この秀逸なキャッチコピー、

一般募集によるキャッチコピーです。

 

つまり、マーケティングのプロが作ったわけではなく、詩人のような方が作ってくれたキャッチコピーなのです。

このキャッチコピー、集客に関して無能だとは言いません。
ただ、大手企業が取るべき戦略を個人企業や中小企業が真似してはいけません!

たくさんの広告宣伝費があれば別ですが。。。

 

“キャッチコピー”と言われているものには大きく2種類有ります。

 

1つ目が、まるで詩人が書いたようなかっこいいキャッチコピー。
これはたくさん耳に触れてもらうこと前提で作成したキャッチコピーです。

これをイメージングキャッチコピーと呼びます。

 

2つ目が、すぐに行動してもらうことが目的の研ぎ澄まされたキャッチコピー。
これは本のタイトルやチラシ、販売ページヘッダー等に用いられています。

これをセールスキャッチコピーと言います。

 

詳しくは↓の動画で解説しています。

 

 

とりあえず、販売促進のためでしたら、読者に行動を促すセールスキャッチコピーを書いたほうがいいということです。

キャッチコピーの作り方は後日、
LINE@にてご案内させていただきますね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

これから集客に関する情報をガンガンお伝えしますし、
LINE@でしか公開していちょっと刺激の強い動画をご案内しています。

ブラック原田はLINEでしか姿を現しません(笑)

The following two tabs change content below.
このブログを書いている人は Web集客構築家の原田ゆうきです。 鹿児島出身名古屋在住のガキんちょです。 人を惹きつける文章作成の力を身に着け、理系大学在学中に集客システムの構築・販売ページ作成などのサービスを提供することにより数千万円以上の売上に貢献してきました。 現在クライアントさんの成果発生率100%記録継続中。 暇さえあれば、一人で壁にボールを投げて犬のように遊んでいる。

「いいね!」と思ったらボタンをクリックしてシェアしてね!


オウンドメディア開設後わずか2週間で60万円を回収できた運用ノウハウを詰め込みました

  • 自社で低リスクな資産運用をしたい
  • 年利200%の資産運用をオウンドメディアで達成したい
  • 安定したアクセスを自社媒体に集めたい
  • 広告費を削減したい

売却できるオウンドメディアの作り方をE-BOOKにまとめました

メールマガジン登録者だけに無料配布


カンタンに配信停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です