「ターゲットを絞りましょう」

その前に、そもそも

なぜターゲットを絞るのか

を考えなければなりません。

それは、あなたの商材を

・お客様の問題にアプローチするから

・お客様の望みにアプローチするから

たったこの2点なのです。

頑なに「年齢」「性別」「体型」「地域」「職業」などを決めても、

上記の2点がおろそかになっていては、

見込み客を手のひらで転がそうとしているようなもの。

形式的にターゲットを決めても意味がないという例を見てみましょう。

あなたは女性の体重を減量する仕事をしているとします。

よくやるターゲットの絞り方をすると、

「30~40代」「女性」「太っている人」「痩せたい人」「主婦」「子持ち」

Aさん、Bさん、Cさんは「30~40代」「女性」「太っている人」「痩せたい人」「主婦」「子持ち」を満たしたターゲットです。

一人一人に「なぜ痩せたいのか」を聞いてみましょう!

Aさん:「肥満気味の親戚が心不全で倒れてしまったので、自分の身にも危険を感じてしまった」

Bさん:「子どもと夏にプールに行く約束をしてしまったので、このまま行くなんて恥ずかしい」

Cさん:「旦那や子供に太っていることを指摘される毎日がつらい」

「30~40代」「女性」「太っている人」「痩せたい人」「主婦」「子持ち」

を満たした数少ないターゲット3人であるはずなのに、

抱えている問題はバラバラですね!

形式的なターゲット絞りが危険な理由はここにあります。

セールス文を書くとしたら(他にもたくさん書ける内容はあるのですが。)、

Aさんには健康にフォーカスした文章。

Bさんには短期間で夏バテ対策しながら痩せることにフォーカスした文章。

Cさんには痩せたら家族からの目線が変わる事例を示した文章

でもいいかもしれませんね。

提供すると喜ぶ情報も大きく絞れます。

つまり、お客様が抱えている問題によって

集客のアプローチが大きく変わってしまうということです。

ターゲットを絞る理由は

お客様の望みや問題を明確にし、そのお客様の考え方に沿った販促アプローチをしなければならないからです。

 

The following two tabs change content below.
このブログを書いている人は Web集客構築家の原田ゆうきです。 鹿児島出身名古屋在住のガキんちょです。 人を惹きつける文章作成の力を身に着け、理系大学在学中に集客システムの構築・販売ページ作成などのサービスを提供することにより数千万円以上の売上に貢献してきました。 現在クライアントさんの成果発生率100%記録継続中。 暇さえあれば、一人で壁にボールを投げて犬のように遊んでいる。

「いいね!」と思ったらボタンをクリックしてシェアしてね!


オウンドメディア開設後わずか2週間で60万円を回収できた運用ノウハウを詰め込みました

  • 自社で低リスクな資産運用をしたい
  • 年利200%の資産運用をオウンドメディアで達成したい
  • 安定したアクセスを自社媒体に集めたい
  • 広告費を削減したい

売却できるオウンドメディアの作り方をE-BOOKにまとめました

メールマガジン登録者だけに無料配布


カンタンに配信停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です