これまで多くの方からいいね!を頂いております。

「ターゲットを絞りましょう」

その前に、そもそも

なぜターゲットを絞るのか

を考えなければなりません。

それは、あなたの商材を

・お客様の問題にアプローチするから

・お客様の望みにアプローチするから

たったこの2点なのです。

頑なに「年齢」「性別」「体型」「地域」「職業」などを決めても、

上記の2点がおろそかになっていては、

見込み客を手のひらで転がそうとしているようなもの。

形式的にターゲットを決めても意味がないという例を見てみましょう。

あなたは女性の体重を減量する仕事をしているとします。

よくやるターゲットの絞り方をすると、

「30~40代」「女性」「太っている人」「痩せたい人」「主婦」「子持ち」

Aさん、Bさん、Cさんは「30~40代」「女性」「太っている人」「痩せたい人」「主婦」「子持ち」を満たしたターゲットです。

一人一人に「なぜ痩せたいのか」を聞いてみましょう!

Aさん:「肥満気味の親戚が心不全で倒れてしまったので、自分の身にも危険を感じてしまった」

Bさん:「子どもと夏にプールに行く約束をしてしまったので、このまま行くなんて恥ずかしい」

Cさん:「旦那や子供に太っていることを指摘される毎日がつらい」

「30~40代」「女性」「太っている人」「痩せたい人」「主婦」「子持ち」

を満たした数少ないターゲット3人であるはずなのに、

抱えている問題はバラバラですね!

形式的なターゲット絞りが危険な理由はここにあります。

セールス文を書くとしたら(他にもたくさん書ける内容はあるのですが。)、

Aさんには健康にフォーカスした文章。

Bさんには短期間で夏バテ対策しながら痩せることにフォーカスした文章。

Cさんには痩せたら家族からの目線が変わる事例を示した文章

でもいいかもしれませんね。

提供すると喜ぶ情報も大きく絞れます。

つまり、お客様が抱えている問題によって

集客のアプローチが大きく変わってしまうということです。

ターゲットを絞る理由は

お客様の望みや問題を明確にし、そのお客様の考え方に沿った販促アプローチをしなければならないからです。